プロペシア

フィナステリドとプロペシアの違いを知って効果的に使用しよう

更新日:

フィナステリドとプロペシアの関係性

治療を行っている人にありがちなのが、薬について詳しくなるということですね。ある程度病気と付き合っていると自分から知識を集めなければいけないのは必須ですよね。そうした中で、色んな単語があり、似たような関係性を持つ種類があると混同することがあります。そうした中で間違えやすいフィナステリドプロペシアについて説明していきたいと思います。

プロペシアとは製品名

プロペシアとはフィナステリドを主成分としたAGA治療薬の商品名です。製薬会社で特許を取られている名前なのですね。アメリカのメルク社という製品会社の傘下のMSD社という外資系企業が日本で特許を取っています。そのため、プロペシアという名前で新たに製薬会社が製品を出すことはできません。

プロペシアは男性ホルモンから男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制する薬です。

ただ、その特徴から「フィナステリド錠」という呼び方をすることもあります。これは間違っていません。フィナステリドを主成分とした商品は世界70か国で商品されており、アメリカではファイザーと呼ばれているように各国でフィナステリドを主成分としたAGA治療薬は名前が違います。そのため、総合的に言うならば、そういう呼び方をすることができます。特にファイザーのジェネリックを期待する書籍などでは強く「フィナステリド錠」と書く場合があります。

フィナステリドとは成分名

フィナステリドは成分の名前です。日本には製造特許というものと物質特許というものがあります。フィナステリドは物質特許です。物質特許は取りにくく、フィナステリドは特許が取れなかったようですね。

1992年に前立腺肥大治療薬の主成分としてフィナステリドを主成分としたプロスカーという薬が発売されたのがフィナステリドの流通の最初ですが、これは製造特許です。フィナステリド自体には特許がなく、ただの成分の一種となっています。

AGA治療の中でも発毛作用があるとされ、2005年に日本でもAGA治療の目的で流通されるようになりました。

プロペシアは商品で、フィナステリドはその材料という感じですね。

フィナステリドの副作用

プロペシアには個人差にもよりますが、幾つかの副作用があるとされています。それを紹介したいと思います。

男性に与える影響

長期間の使用では体が調整することが多いですが、男性ホルモンを一時的に減らすため、男性には特に体に影響が出やすいです。

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 女性的な特徴が出る

などの副作用が報告されています。

精神的副作用

精神疾患になるリスクが高くなることがわかっています。どうしても薬を飲んで髪を増やすというのは世間的に恥ずかしいというイメージがありますし、体を壊して髪を増やしているという不安感もありますが、フィナステリド錠の使用と精神的な効果に関しては実験ではっきりとされています。

女性や未成年の人への影響

AGAは20歳未満の発症は一般的には少なく、そのため20歳未満での安全性や有効性は確立されていません。また女性に対しては使用が禁止されています。

また、成長ホルモンの分泌を抑える働きもあります。そのため、未成年者の成長に影響を与えます。また、女性は妊娠中だと体内の男児の成長に影響を来たします。プロペシアは肌に触れただけで吸収されるので、触れることも厳禁です。

フィナステリドが含まれる他の薬

フィナステリドは他の製品にも使われています。

ジェネリック医薬品

プロペシアのジェネリック医薬品は沢山、販売されています。ジェネリック医薬品のメリットは安いということです。特許が切れたものを使われているため、薬を開発する費用がコストカットされるのです。

代表的なものは、

  • フィンペシア
  • フィナックス
  • フィンカー
  • フィナロイド
  • フェネレッド

などです。

日本ではまだプロペシアの特許は切れていません。そのため、インドなどの特許期限を短くしている特殊な国から輸入するしかありません。個人輸入を媒介することになりますので、そこには偽薬や臨床実験の安全性などは自己責任で日本は保証していません。

それ以外の医薬品

フィナステリド入りのAGA治療薬は多数あります。しかし、フィナステリドの最適である1ミリグラムの基準を満たしているものは少ないです。そもそも含有量が書いていないことが多数であり、そうしたものは危険性もあれば、効果が出ない可能性もあります。

フィナステリドの適切な使用方法【注意点】

前立腺肥大治療薬をAGA治療目的で使用する

フィナステリド入りの前立腺肥大治療はフィナステリドの含有量がプロペシアよりも5倍以上もあると言われていますが、決してAGA目的で輸入してはいけません。1ミリグラム以上のフィナステリドはAGA治療に効果なく、副作用の危険性だけが悪化するからです。

前立腺肥大治療薬の種類

日本では使用を認可されていませんが、アメリカなど外国ではフィナステリド入りの前立腺肥大治療が販売されています。

  • プロスカー
  • フィンカー

日本で手に入れるには海外から輸入することになります。

フィナステリド配合のおすすめ治療薬

やはり、最も安全性が証明されているプロペシアでしょう。それ以外のものは海外の基準で安全性が確かめられいても、日本では保証されていなく、その安全性に疑問があります。ジェネリック製薬は安いですが、それだけ安全性が立証されていません。

効果的な使用方法

プロペシアは効果的な使用方法があります。そのポイントです。

辛抱強く服用する

プロペシアは効果が実感できるまでに時間がかかります。そして、毎日欠かさず使用することが重要です。途中で自己判断で量を多くしたり、継続性を失くしたりしてはいけません。個人差がありますが、実感できるまでに平均半年以上は時間がかかります。

飲み忘れた時の対処法

基本は飲み忘れないことが大切です。飲み忘れない習慣をつけましょう。そして、プロペシアは24時間効果があるとされています。そのため、24時間間隔で飲むのがベストではあります。ですが、多少の誤差は大丈夫ですので、1日1回という感覚までなら大丈夫でしょう。

ただ、飲み忘れたからと言って前日分まで飲むなどの使用は厳禁です。

フィナステリドに関する他の注意点

フィナステリドは効果が高いため、幾つかの注意点があります。それは事前に考慮しましょう。

献血をしない

フィナステリドは未成年者と女性に対する使用が認められていません。そして、フィナステリドは摂取すれば1ヶ月程度血液の中に留まります。そのため、親切心で献血をしても血中からフィナステリドが漏れ出し、献血された未成年者や女性に悪影響を及ぼすことがあります。使用中は献血をしないことで、人の健康を守ることができます。

保険適用外

国はあくまでも健康に害する治療に保険を出しているというスタンスを取っています。AGA治療は、整形手術のように高級な不必要な医療行為とみなされ、保険適用外となります。そのため、お値段は普通の薬よりも高くなります。10割負担です。

効果が出るまで時間がかかる

フィナステリドは長期間続けて効果が出るものです。効果が出る前に、止めてしまうとリバウンドをします。男性ホルモンの調整をしている最中ですので、それを途中で止めると逆にAGAが進行してしまうのですね。長期的に時間がかかるものだと思ってしっかりとした継続をしていくことが必要になってきます。

厚生労働省が1年間で実施した臨床試験では、

・軽度改善以上の効果が58%

・不変以上の効果は98%

とされています。

3年間行わている実験データもあります。これは厚生労働省実施した臨床試験1年の終了時と、新に行った3年の臨床試験の終了時とを比較したデータとなります。

・頭頂部は特異改善が1.5%から6.1%

・中著改善9.1%から37.7%

と増加傾向にありましたが、逆に軽度改善では減少傾向にありました。

・軽度改善は47.7%から34.3%

・不変は40.2%から20.2%

となっています。

利用期間が長くなるほど効果が増加している傾向が明らかになっています。時間をかけてAGA治療を行うプロペシアの性質がはっきりとしています。

個人差がありますが、継続性がいるということはしっかりと頭に入れておく必要があります。

AGA治療クリニックに行くことが最善

プロペシアはジェネリック薬品が海外で売られていることもあります。しかし、プロペシアでAGA治療効果を出すには薬を飲むだけではいけません。適切な診断が必要です。個々によって程度の差があり、副作用も人それぞれです。そのため、AGA治療クリニックに行くことが最も最善の手段であるのです。

自分で薬を飲んで、自分で解決できるほどAGA治療は甘くありません。専門家の知識が必要です。

クリニックでしっかりとした方法で治療計画を立てて、治療を行うべきです。それがAGA治療の最善策となります。そして、治療を完治させる一番の近道になります。クリニックの判断に従って計画的にAGAを治しましょう。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

■業界最安値の3,400円からのAGA治療
■月1回30分の通院
完全予約制で患者に合わせた治療を提供
■全国に40院以上展開

無料カウンセリング実施中

まずは無料カウンセリングへ

東京ロイヤルクリニック

東京ロイヤルクリニック

■初月わずか980円!
■通院不要!
■PCやスマホで診療可能!

無料カウンセリング実施中

まずは無料カウンセリングへ

個人で判断して治療を進めない

AGA治療は複雑で、長期的な治療が必要なものです。短期間で、「もうこれは効かないな」と判断したり、外国のジェネリックを使ってそれが偽薬であった場合、「自分にはAGA治療は無理なんだ」というような判断をするのは非常に危険です。

個人で判断して治療を進めるということは絶対にしてはいけません。きちんとした専門家の判断に従って治療を進めてください。そうすれば治療期間は格段と早くなります。

-プロペシア
-, ,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.