育毛剤・発毛剤

育毛シャンプーの効果と使用感を実証してみた!おすすめシャンプーを紹介

投稿日:

育毛シャンプーとは

フケや痒みに効く洗浄力

育毛シャンプーには、フケや痒みに効果的な洗浄力があります。洗浄力というと強い洗浄力というようにイメージしがちですが、ここでいう洗浄力というのは「非常にバランスの取れた洗浄力」という意味です。

フケや痒みというのは頭皮の余分な皮脂によるものであったり乾燥していたりなど様々な要因によって引き起こされます。しかし汚れや汚れを落としすぎると頭皮が乾燥してしまったり、かといって皮脂などを落とさな過ぎても汚れや古い皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

育毛シャンプーの「非常にバランスの取れた洗浄力」というのは、落とさなければいけないものは落とし、必要なものは残る洗浄をするということです。そのため頭皮を健康に保つことができ、育毛などにも好影響が出ることになります。

頭皮に優しいアミノ酸や石鹸系の低刺激成分

良くある頭皮がスースーするようなシャンプーというのはメントールや殺菌作用が強いシャンプーです。育毛シャンプーはできるだけ頭皮にダメージを残さないために、アミノ酸が豊富なものであったり、石鹸系のような天然由来の成分を含むものが多く、低刺激で頭皮にとても優しく馴染むようになっています。

皮脂の分泌を抑える成分が配合されている

人によっては皮脂が人よりも多く分泌されてしまう体質のため、頭皮や髪がべとつくことが多い方もいます。そういった方のために皮脂の分泌を抑える効果がある育毛シャンプーもあります。

皮脂の分泌を抑えることによって、余分な量の皮脂をカットすることができ頭皮にほどよい潤いだけを残すことができます。そうすると、毛穴や頭皮環境に好影響を与え髪の毛にしっかりと栄養を届けることができるようになり、髪の毛の育毛を補助することができます。

抜け毛を防ぎAGAの予防に役立つ

他にも、育毛シャンプーの中には抜け毛を防ぐ作用があるものもあります。今、男性の中で男性型脱毛症(AGA)という症状が増えてきていますが、育毛シャンプーを使うことで血行不良を改善したり、頭皮環境を整えることができるのでAGAになるリスクを減らすことができます。

AGAはなってからでは進行がどんどん進んでしまうので、こういった薬用シャンプーを利用し未然に予防しておくことも大事なことと言えますね。

育毛シャンプーの効果

髪の毛がつややかになり育毛を促進するハリを保つ

育毛シャンプーを使うことによって頭皮のサイクルが良くなると、毛穴付近の細かい血管にまでしっかりと栄養が届くように血行が良好になります。そうすると、亜鉛やビタミン、ミネラルなどがしっかりと髪の毛をサポートし艶やハリをだすことができます。

さらに、こういった栄養というのは髪の毛が成長する際に髪の毛を強く長く育毛する材料にもなるので、とても育毛に効果的なのです。

心地よい香りで不快な頭皮の状態を抑える

よく頭皮からの嫌な臭いなどという言葉を耳にしますが、その臭いはなにが原因なのでしょうか。それは頭皮にある皮脂や汚れだろうと思うかもしれませんが、実は一概にそうとは言えないのです。

汚れはもちろん原因となりえるのですが、皮脂に関しては古い皮脂から新しい皮脂へとどんどん変わって行ってますよね?頭からする嫌な臭いというのは皮脂全体からではなく、古い皮脂が残っている場合に発してしまうのです。

新しい皮脂には保湿やバリアなどの非常に重要な役割があります。先述した通り、育毛シャンプーは「バランスの取れた洗浄力」によって古い皮脂だけを取り去ります。そのため、頭皮の状態を良くしたまま嫌な臭いなど不快なものを取り去ることができるのです。

髪をコーティングし頭皮に潤いを与える

育毛シャンプーによってコーティングされた髪の毛は、外部の刺激に対しとても強くなります。汗や汚れなどが髪の毛についたとしても、べとついたりダメージを受けたりするリスクが減るのでどこでも健康的な髪の毛でいることができます。

また、保湿成分なども豊富に含まれているものもあるため髪を洗った後の頭皮は水分バランスが整えられ、保湿されつつもサラっとした爽やかな洗い終わりになります。

毛に清潔感を与える

薄毛に近づいている人の特徴として、毛先がクルクルっと曲がってくるという共通の特徴があります。これは髪の先まで栄養が行き届かなくなってしまい先のほうから弱く細くなってしまうからです。

そうなると、髪の毛から艶やハリが消えて行ってしまいきっちりセットするのにも一苦労してしまいます。育毛シャンプーにより血行がよくなると、栄養が勢いよく髪の毛に伝っていきます。そうなると髪の毛も太く強く育ち、客観的に見ても艶がありサラッとしたような清潔感がある髪の毛という印象を受けることができます。

育毛シャンプーの成分

一般的に含まれているものは血流の流れをよくするグリチルレチン酸2K

一般的に、育毛シャンプーにはクリチルレチン酸2Kという成分が含まれています。この成分は主に血行の状態を改善し、血流をよりよく巡らせる作用があります。他の効果としては炎症を抑える抗円作用が見られます。

副作用などが心配という方もいるかと思いますが、グリチルレチン酸2Kというのは、一つの商品に対し微量に配合されているものであるため過剰摂取などによる副作用などは心配ないと考えられます。また、保湿にも優れていることから乾燥肌の方にも改善を見込めるでしょう。

ラウレス硝酸Naは洗浄力を強くする

ラウレス硝酸Naというのは非常に強い洗浄力で有名です。その理由として、分子の一つ一つが非常に小さく肌にすごく浸透するということが挙げられます。そのため細かいホコリや汚れ、またしつこい皮脂なども綺麗に洗い流すことができます。

しかし、注意しなければならない点があります。それは、あまりに強い洗浄力を持つため頭皮の環境保護に必要な皮脂までも綺麗に洗い流してしまうため、頭皮の環境によっては使用することで悪影響が出てしまう可能性があるということです。

自分の頭皮の状態を良く確認してから使用しましょう。

ラウリル硝酸Naも頭皮へのダメージが大きい

ラウリル硝酸Naもラウレス硝酸Naと同様に、とても強い洗浄力を持ちます。そのため、確かに細かい汚れや落ちにくい汚れなども綺麗に洗い流すことができるのですが、人によっては頭皮へのダメージにより頭皮環境が悪化してしまう方もいます。

ただ、ラウレス硝酸Naと異なる点は分子の粒の大きさです。ラウリル硝酸Naはラウレス硝酸Naよりも一つ一つの分子の大きさが大きくなっており、頭皮への浸透が抑えられています。そのため洗浄力はラウレス硝酸Naよりも劣るのですが、その分頭皮には優しいものになっています。

しかしあくまでも、この二つの成分を比べた場合の話であり頭皮へのダメージが大きいということは変わらないのでいずれにしても使用する際には注意が必要なものとなります。

オレフィンスルホン酸Naはアミノ系だが洗浄らう力の強い成分が入っている

さて、次にご紹介するのはオレフィンスルホン酸Naというものです。こちらの成分はラウレス硝酸Na、ラウリル硝酸Naといった洗浄力が強い添加物となるものを使いたくないという方が使うような成分だったりします。それは、オレフィンスルホン酸Naは先の2つの成分とは異なり、植物由来のものもあるため頭皮にはその2つに比べると頭皮には優しいという理由からです。

しかしこちらも使用には注意が必要です。植物由来のものがあるため無添加と表示することも可能であり、どんな頭皮状態でも使っていいのかと思われることもあるかと思いますが、実はこちらも成分もとても強い洗浄力を持ちます。

そのため、その2つの成分と同様に頭皮状態の確認は必須となります。

最近話題のオウゴンエキスは保湿効果を高める成分

最近話題となっているのがオウゴンエキスというものです。中国などで昔から漢方薬として使われており、黄金花という植物の根っこから成分が抽出できるということが名前の由来になっています。この成分は保湿効果に優れ、頭皮の環境保護、血行促進などを助けることができます。

また、オウゴンエキスには抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを作り出す5aリダクターゼという酵素の働きを抑制するため、AGAへの効果がとても期待できます。プロペシアなどに比べると育毛効果は弱いのですが、プロペシアの副作用が怖いといった方などにはとても使いやすいものであると考えられます。

育毛できるシャンプーの成分

ミノキシジルには育毛効果が認められておりAGAの治療にも用いられている

AGAクリニックなどでの治療には現在ミノキシジルという成分が用いられています。ミノキシジルには国から育毛効果が認められており、確かな育毛効果が期待できます。タブレット状で、毎日一度服用する方法や頭皮注射によって直接毛母細胞へ送ることで毛母細胞の活性を図るという方法もあります。

生活習慣の改善や育毛シャンプーの使用など色々なことを試してもどうしても髪の毛にいい効果が現れない場合には、AGAクリニックに行って無料相談をしてもらうということが大事です。そのまま放置してしまってもどんどん抜け毛は増えていくばかりです。専門医との相談の下、ミノキシジルを使った治療などを選択することで育毛効果が望めるのなら一度行ってみるのがいいでしょう。

頭皮の状態に合ったものを選ぶことが発育効果を高める秘訣

育毛には様々な方法があります。生活習慣を改善したり、食生活から見直してみたり、また育毛効果のある商品を頼ったりなどたくさんの手段の中から自分にあった手段を選ぶ必要があります。その中でも、生活習慣や食生活などは人によって悪影響ということはほとんどありません。しかし、この記事で紹介したように、育毛シャンプーなど薬用の商品を使う際には自分に合うのかということをはっきりさせる必要があります。

自分は、乾燥肌なのか敏感肌なのか、べたついてしまう体質なのかこういった細かいことを事前にチェックしておき商品を選ぶ際の参考にすることでよりよい育毛効果が望めます。とりあえずこれを使ってみよう、ではなく確かな情報の下で決断をしましょう。

-育毛剤・発毛剤

Copyright© AGA総回診 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.