女性の薄毛

女性の薄毛の原因とおすすめ改善方法【まとめ】

更新日:

女性の薄毛に関する悩み

薄毛に悩む女性が増えている

薄毛は男性ホルモンによるものが多く、近年まで薄毛に悩むのはほとんどが男性でした。しかし、女性が社会進出をするようになると過度なストレスなどが原因でホルモンバランスなどを崩してしまい、近年では女性にも薄毛に悩む人が増えてきました

そのため、育毛剤などでも女性用育毛剤が開発されており、女性の薄毛へのサポート体制も整ってきています。

しかし、男性よりも女性の方が薄毛に悩む方が少ない分、女性で薄毛になってしまった人は男性よりも大きな精神的負担が強いられることになります。ストレスによって引き起こされた薄毛であるのに、それがまたストレスを招いてしまうというような悪循環は女性で薄毛に悩む方に良く見られます。

若くても薄毛になる可能性がある

薄毛は本来、加齢によって血行が悪くなったり毛母細胞が衰退することで引き起こされます。しかし男性にも見られるように、女性でも若いのに薄毛になってしまうということは充分考えられます

若くして薄毛になってしまう方の中では特に、社会に出始め社会の中で様々なストレスを抱えてしまったり、働く時間が長く生活習慣がひどく乱れてしまっているなど、こういった方に良く見られます。

まず薄毛になってきたかな?という方は自分自身の生活を良く見直すことが大事なことです。

髪が元に戻らないことへの不安

薄毛になってしまった人で、一番悩んでいることと言えば「一度薄毛になったらもう戻らないのではないか?」ということだと考えられます。特に若くして薄毛になってしまった人はこれから先の人生を悲観してしまうこともあるかと思います。

もちろん、薄毛を認識したのにも係らずに放置してしまっては薄毛は絶対に改善されません。しかし、逆にしっかりと薄毛について勉強をして、正しい対処をすることで薄毛を改善できることがあります。

落ち込む気持ちもわかりますが、まずは現実を受け入れて対策を練るというように前向きに考えていきましょう。

薄毛の女性はどのように感じているか

薄毛になった女性はその事実についてどのように感じていることが多いのでしょうか?これは「周囲からどう見られているかが怖い」というように感じている方が多いと考えられます。女性はやはり身だしなみなどには気を遣うことが多いと思うので、自分が薄毛であることに対しとても気になってしまうものです。

今薄毛になってしまっている女性の中でとても共感できると感じた方は、他にもこのように悩んでいる方はたくさんいると考えてください。その中にも改善する人、進行する人が様々ですが、ほっておいて薄毛が改善することはありません。もっとオシャレになりたいなどそういった欲求と同じく、髪もフサフサになりたいものです。

薄毛になった人で改善する人に共通して言えることは、「しっかりと自分を見直し、前向きに根気よく対策をした人」ということでしょう。薄毛を本気で治したいと思うのであれば、絶対に治る確証はなくとも改善の可能性を引き出すための努力は惜しまないようにしましょう。それが改善への一番の近道となります。

女性と男性の脱毛症は同じものではない

男性はAGA

男性の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)という症状のものになります。これは男性ホルモンであるテストステロンが5aリダクターゼという酵素と結合し、ジヒドロテストステロンという抜け毛を促進するものに変わってしまうことから引き起こされます。

もちろんストレスや生活習慣なども原因となるのですが直接的な原因が、このジヒドロテストステロンというものによるというということが女性との違いです。(女性でもこれが原因となる場合もありますが、少数派です)

女性はFAGA

男性の脱毛症が男性型脱毛症(AGA)であるのに対し、女性の脱毛症は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。これは主にある原因によってホルモンバランスが崩れてしまい、女性ホルモンが減ってしまうことが薄毛を進行させてしまうことになります。

原因には様々ありますが、ホルモンに影響を与えるので代表的なのはやはり過度なストレスだと言えるでしょう。適度なストレスであれば、逆に健やかな生活のために必要なものなのですが、過度なものになるとホルモンに悪影響を与えてしまいます。

また、FAGAの特徴としては、男性のように頭頂部や前髪など一部分から進行していくのではなくびまん的な進行をします。広い範囲でどんどんと髪の毛が細く弱くなってしまうため、全体的にボリュームがなくなってしまうことが挙げられます。

薄毛には症状別に種類が分けられる

分別後脱毛症

女性の髪の毛の成長にはエストロゲンという女性ホルモンがとても重大な役割を果たします。分別後脱毛症というのは女性のホルモンバランスの乱れによって引き起こされてしまうもので、出産後などによく見られる脱毛症です。エストロゲンなどの女性ホルモンが一時的に減ってしまうことによって髪の毛が抜けていってしまうのです。

しかし、分別後脱毛症というのは一般的には自然回復により治ります。出産後の一時的な症状のため、もし発症したとしても慌てずに自分自身が落ち着いてストレスフリーな生活をすることが大事なこととなります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症というのは髪の毛を強く引っ張る状態が続くことで髪の毛や毛根にダメージを与えてしまい、結び目や分け目などが薄くなってしまうものです。例えば、ポニーテールなどの髪型は実はあまり頭皮に良いものではなく髪を引っ張り続けることでこの牽引性脱毛症の原因にもなりうるのです。

髪型は色々なものがあり中には頭皮にダメージを与えてしまうようなものも増えています。しかし引っ張る人は全員薄毛になるということはなく個人差があるものです。

自分の分け目などを見て通常通りであれば問題はありませんが、少し気になってしまうという方はやめておいたほうが懸命でしょう。

円形脱毛症

円形脱毛症は、分別後脱毛症と同じく女性のホルモンバランスが崩れてしまうことでエストロゲンに悪影響がでてしまい、抜け毛が増えてしまうというものです。しかし分別後脱毛症よりも症状はひどい場合が多く、発症がわかったらすぐに皮膚科などに相談しにいきましょう。

丸く円を描くように脱毛してしまうのが特徴的ですが、ストレスなども関与しています。医学的なメカニズムは解明されていないものの過度なストレスは脱毛症に大きな影響を及ぼしているとされています。皮膚科での治療で安心せずに、自分自身でストレスを解消できる術を身に付けましょう。

薄毛に関する懸念すべき原因

毛穴への皮脂の詰まり

薄毛の原因として懸念すべき点は、まずは毛穴への皮脂の詰まりというものがあります。皮脂は頭皮に一定量必要なもので保湿や外的刺激からの頭皮保護などの役目を担っています。しかし、分泌されてしばらくたつと古い皮脂となり、新しい皮脂が分泌された後では古い皮脂は必要なくなります。

そのため、一日に一度髪を洗うのですが、その際に充分に古い皮脂を落とすことができないとそのまま古い皮脂が毛穴に詰まってしまい頭皮環境の悪化に繋がってしまいます。

シリコン系コンディショナーが毛穴に詰まる

また、シリコン系コンディショナーなど髪のケアをするためのものが毛穴に詰まってしまうこともあります。これも古い皮脂と同様に、洗い流す際に充分に洗い流さないことでコンディショナーなども毛穴に詰まってしまいます。

そうなると、皮脂の分泌を阻害してしまったり頭皮にべったりと残ることで頭皮が炎症を起こしてしまうことにもなります。そうすると結果的に血行なども悪くなってしまい髪の毛に栄養がいかず薄毛になる可能性が増えてしまいます。

女性特有の薄毛のための対策

女性用育毛剤を使用する

対策としてまず有効なのは育毛剤を使用することです。女性の薄毛というのは一部頭皮が露出してしまうということよりも、全体的に髪の毛が細く弱くなってしまうことで薄毛のようになってしまうケースがほとんどです。

そのため、まだ髪の毛の量はたくさんあるけど細く弱い髪質になっていると感じる方は育毛剤などを利用することで髪の毛を育てる必要があります。育毛剤というのは髪の毛の成長に必要な成分や髪の毛にいい効果をもたらす栄養などが含まれており、それによって髪の毛を育てるというものです。

【最新】女性用育毛剤おすすめランキング!選び方と注意点まとめ

発毛剤

育毛剤と比べて、発毛剤とは毛母細胞に働きかける効果があり髪の毛を新たに生やしていくという効果が期待できます。また、その効果には個人差があり、増えやすい方と増えにくい方がいるので根気強く使い続けることがポイントです。なるべく定期的に購入できる商品を選びましょう。

また発毛剤にも、頭皮への刺激が強いもの弱いもの両方あるので、自分の頭皮に合うのかという注意も必要です。

市販の育毛剤などが効きにくい場合クリニックに相談する

先ほど述べた通り、市販の育毛剤が効きにくい体質の方ももちろんいます。しかしそういった方でもまだ「諦めるしかないのか」と考える必要はありません。

もともと血行が良くなりにくいなど、個人差があるのには理由があります。そのため、効果が見られない場合には専門クリニックなどに相談をしに行くというのをお勧めします。クリニックに相談するメリットとしては「正しく適切なアドバイスをもらえる」ことです。

今までは自分で調べた浅い知識で薄毛へ対処を行うほかなかったのですが、こういった専門医は薄毛専門の知識から、その人の頭皮状態、薄毛の具合などを判断してくれます。そうして正しく現状を知ることでこれからどのような治療をすればいいのかという目途が立つのです。

AGAスキンクリニック

■業界最安値の3,400円からのAGA治療
■月1回30分の通院
完全予約制で患者に合わせた治療を提供
■全国に40院以上展開

無料カウンセリング実施中!

まずは無料カウンセリングへ

 

皮膚科に相談する

育毛剤や発毛剤を利用したが効果は見られず、しかも頭皮に炎症が起きてきたというときには必ず皮膚科に相談しに行きましょう。頭皮の炎症は放っておくと髪の毛に重大なダメージを与えてしまうことになります。さらに、皮膚科へ相談することで、体質的に合わない成分というものを調べてくれることもあります。

市販の医薬品を使う際には、知らず知らずの内に自分に合わないものを使っている可能性があるので、そういった見極めができる皮膚科への相談はとても価値があります。

他の改善方法

シャンプーを変える

他の改善方法で挙げられるのは、まずは今使用しているシャンプーを見直すことです。シャンプーには、べたべた頭皮のためのもの、乾燥肌用のもの、抗炎作用があるものに分けられます。これらは個々にメリットがあるのですが、デメリットももちろんあります。つまりシャンプーの種類によって使用が推奨されない頭皮環境というものがあります。

自分がべたべた頭皮体質なのに、洗浄力の弱いものを使っているなど頭皮に合わないシャンプーを使っていては頭皮環境の改善にはつながりません。育毛シャンプーを使うなどしてしっかりと見直しましょう。

頭皮をマッサージして血行促進

頭を洗い終わった後、また洗っている最中に少しだけ頭皮をマッサージするというのも効果的です。頭皮にある血管は細いものが多く、血行が少しでも悪くなると影響を受けやすい部位になります。そのため、頭皮マッサージなどをしてあげると、頭皮をほぐすことができよりよい血行状態にすることができます。

マッサージをするときには、指の腹で血流に合わせ下から中心部へといった方向でやるのがポイントとなっています。是非今日からでもやってみましょう。

喫煙をしない

喫煙というのは髪の毛にとって良くない生活習慣の一つとなっています。まず、喫煙をすることによって血管に悪影響を与え、血行不良に陥ります。その結果、髪の毛に与えられるはずの栄養などがうまく届かずに髪の毛が弱ってしまうことになります。

また、ビタミンなどは髪の毛にとって欠かせない非常に重要な栄養素となっていますが、喫煙することによってビタミンを破壊してしまいます。せっかく髪の毛にいいと考えビタミン豊富な食材をとっても喫煙していては意味がありません。

本気で薄毛を改善したいと考えている方は、この機会に禁煙に挑戦してみましょう。

髪にダメージを与えない

これは当たり前のことですが、髪にダメージを与え続けてしまうと髪は弱ってしまいます。自分では自覚せずにダメージを与えている行動の代表例は、ドライヤーの使い過ぎです。朝や寝る前などにドライヤーを使う時になるべく早く済ませたいと温風のまま使ってしまう方は結構います。

温風のまま使っていると、髪の毛に強いダメージが与えられてしまいます。なるべく冷風を織り交ぜて交互に乾かすことでこういったダメージを減らすことができます。

また、過度な染髪も髪の毛のダメージに繋がります。薄毛が気になっている方はなるべく染髪をしないようにしましょう。

髪に優しいヘアスタイルにする

薄毛が気になっている期間中は、できるだけ強く縛りあげたりするような毛根に負担を強いる髪型はしないようにしましょう。髪の毛もそれほどやわではないので、そういったことには耐えることができますが少しづつでもダメージは蓄積してしまうものです。

育毛対策を始め、効果が実感できるまでは自然なヘアスタイルを保つことをお勧めします。薄毛は様々な要因で引き起こされますが、その要因を少しでも減らして、育毛に望むとより高い効果を期待することができます。

女性の薄毛は改善できる

いかがでしたでしょうか。男性の薄毛とは違い、細かな理由が原因となることが多いのが女性の薄毛です。

最後に一言だけ言われてもらうとすると、「諦める必要はどこにもない」ということです。どうせ諦めてしまえば、どんどん薄くなっていくだけのことです。そうならないように、育毛を始めた最初の時期は色々なストレスがあるかと思いますがそれに負けないようにしましょう。

きっとそれは難しいことだとは思いますが、育毛の効果が実感できた時により一層自分に自信を持つことができます。頑張りましょう。

【最新】女性用育毛剤おすすめランキング!選び方と注意点まとめ

-女性の薄毛

Copyright© AGA総回診 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.