薄毛・ハゲ治療の情報サイト

AGA総回診

女性の薄毛

髪を伸ばす方法!ヘアメンテナンスで実践したい育成法を紹介

更新日:

髪を短期間で伸ばしたい

髪の毛は一日に数ミリしか伸びない

髪の毛を切りすぎてしまったため、髪の毛を短期間で伸ばしたい!理由は様々ですが、短期間で伸ばすことは可能とも不可能とも言えません。髪の毛が伸びる速度には個人差がありますし、一日に数ミリしか髪の毛は伸びないからです。

ここで紹介していくのは、短期間で髪を最大限成長させる方法です。是非、今日から試していきましょう。

加齢を重ねると髪の伸びが遅くなる

人間というのは、「加齢」という誰しもが免れない運命にあるものがあります。加齢がもたらすものは、内臓機能の低下や、血行の悪化などマイナスのものばかりです。こればかりは仕方ありませんが、もたらされるものによってもちろん髪の毛にも影響は出ます。

栄養が届きにくい体内環境になってしまったり、そもそも栄養を食材からしっかり取り込めないといったような要因から髪の毛の成長が著しく阻害されてしまいます。そのため加齢を重ねると髪の伸びが遅くなってしまうことになります。

しかし、諦めろということではなく高齢の方でも育毛効果が出るように生活に工夫を施すことはできます。生活習慣から食事内容、運動、育毛剤など方法はたくさんあるので、チャレンジしていきましょう。

髪を伸ばす為に必要なこと

髪を形成する頭皮部分を程良くマッサージします

髪を伸ばす、成長させるためにまず必要なのは「栄養」です。髪を育てるために効果的な栄養を充分に送り届けなければ、髪は成長しにくくなります。

しかし、いくら髪に良い栄養を摂取しようとも充分届かなければ栄養を摂った意味がありません。そこで効果的なのが頭皮マッサージになります。血行が悪ければ栄養が届きにくくなってしまうため、栄養を届けるのには血液が円滑に循環する必要があります。

頭皮マッサージをすることで、髪が生える部位の血行が良くなるということから効果的だと言えます。また、マッサージにより頭皮をほぐすことで頭皮環境を整えるという効果も見込めます。

髪を乾かす際、ドライヤーの熱に気を使いダメージを減らす

髪の毛を濡れたまま放置してしまうと頭皮へのダメージに繋がるため、シャワーなどを浴びた後には髪をすぐにでも髪を乾かしたいですよね。しかし、髪を乾かしすぎたり短時間で乾かすために高温のままドライヤーを使用してしまうと、髪の毛に多大なダメージを与えてしまうことになります。

せっかく髪を洗い、コンディショナーなどで髪の毛をコーティングし艶を出そうとしても乾かしすぎて髪の毛から水分や艶が失われてしまうのはもったいないですよね。

ドライヤーを使用するときは短時間で乾かそうとせずに冷風を挟みながら乾かすことで、髪のキューティクルや頭皮の保湿状態を保つことができます。

洗髪するときダメージレスのシャンプーを使うようにする

自分の頭皮状態を把握し、その頭皮状態に合った洗剤を使うことはとても大事なことです。敏感肌や乾燥肌、また過剰に皮脂を分泌してしまう体質など人によって頭皮状態は異なるものとなります。ただ、「香りが好きだから」「洗い流した後爽快だから」という理由で洗剤を選んでしまうと、仮に頭皮に合わない場合知らず知らずダメージを与えてしまうことになります

自分の頭皮にダメージレスな育毛に効くシャンプーを選び正しく洗髪することで髪の毛にもしっかりと栄養が届くようになり、長く太い髪の毛を育てることができます。

いい野菜を収穫するにはいい畑が必要なのと同じように、いい髪の毛を育てるためにはまずその基盤となる頭皮を正しく保護してあげましょう。

髪に栄養が行き届く食材の活用

髪に直接的に働きかける栄養素を含む食材を考える時には、まずその栄養素が何なのかを知っておく必要があります。まず、髪の毛を構築するために必要なものは「タンパク質」「アミノ酸(タンパク質生成のため)」「ビタミンB群」「亜鉛」この4つが挙げられます。これらの栄養を含む食材をしっかりと食事に取り入れましょう。

また、最近の食事を思い返したときにインスタント食品や高カロリーなもの、脂っこいものなどばかり食べていたりしませんか?こういった食事の偏りは、血液に大きな悪影響を与えます。また、髪の毛だけでなく体全体にも良くないとされており、腸内環境やお肌(頭皮)にも悪影響です。

髪にいい栄養を含む食材としては以下のものが挙げられます

・ビタミンも豊富でありながらミネラルなども含む「海藻類」

・髪に良い影響を与えるイソフラボンを含む、高タンパクな食材「大豆」

・亜鉛を多く含む「牡蠣・レバー」

・高タンパクで身近な食材「卵」

・ビタミンBが豊富にある魚介「マグロ・カツオ・サバ」

是非バランスのいい食事を摂るためにこれらの食材を活用して、育毛に励んでいきましょう。

短期間で髪を伸ばす方法

育毛剤(育毛成分配合のシャンプー含む)を使う

短期間で髪を伸ばす方法として、育毛剤を使うことは大変効果的です。育毛剤には、髪の毛に必要な成分がしっかりと含まれているのに加え、食事では摂取しにくい栄養素が含まれていることがあります。

しかし、育毛剤の効果には個人差があるため、商品によっては自分に合わずに効果があまり見られないという場合もしっかりと考慮する必要があります。そういったことに注意をしながら、定期的な購入が見込める育毛剤を計画的に利用しましょう。

また最近では女性用育毛剤も多く販売されているので、女性の方はこれもチェックしてみると良いでしょう。

また育毛成分配合のシャンプーというのは、頭皮に優しいことに加え髪のボリュームアップ、育毛を補助してくれるものとなっています。育毛をするには一つの手段でずっと試すのではく、様々な育毛対策を同時に行うことも一つの大事なポイントとなります。

実現したいヘアースタイルにビジョンを持つ

育毛をする方には、単純に髪の毛を毛量を増やしたいという方がほとんどだと考えられます。しかし、育毛をする前から「育毛をした後、自分はどのようなヘアースタイルにしたいのか」ということを考えておくのもいいでしょう。

実現したいヘアースタイルにビジョンを持つことで、どの部位の毛量を増やしたいのかを明確に決めることができますし、なによりも育毛に対して「楽しさ」を感じることができます。何かを楽しくできるということは、それだけで継続力やモチベーションを保つことに繋がります。また、美容院へ行ったときに悩まずに美容師さんに細かく伝えることもできるようになるというメリットもあります。

育毛をする際には、しっかりとしたビジョンを持ち、楽しみながら取り組んでみましょう。

ヘアースタイルのハードルを下げる

先ほど、ビジョンについて書きましたがそのビジョンのクオリティについても少し書いておきたいと思います。もともと育毛というのはどれほどの効果が自分に表れるのかというのは予測できません。そのため、どのくらい毛量が増えるのかというのが全く持って未知数であるということになります。

ビジョンを持つことは良いことですが、理想のヘアースタイルを想像するのではなく「理想のヘアースタイルに似ている髪型」をイメージしましょう。育毛を始めた結果、たしかに毛量は増えたけど理想のヘアースタイルは難しいということになれば、少し残念な気持ちになってしまいます。

しかし最初からハードルを下げ、理想のヘアースタイルに似ている髪型をイメージしていたがこの増え方であればもっと理想に近づけれると考えれる。この方が断然モチベーションが上がります。こういったことから、ヘアースタイルのハードルはできるだけ下げて置くことも一つのテクニックと言えるでしょう。

髪を伸ばす為に気をつけておきたいこと

ストレスは美髪の大敵。運動不足を解消する

適度なストレスではなく、過度なストレスを抱えている方。髪の毛からするとどうしても解消して欲しいものです。過度なストレスは、血行を悪くしたり生活習慣の乱れを促すことになります。血行が悪くなれば髪の毛に栄養が届きづらくなりますし、生活習慣が乱れてしまうと髪の毛の成長を阻害してしまうことになります。

ここで解消法を上げるとするならば、適度な運動をすることです。運動不足、ストレスともに解消することができることに加え、体の循環に好影響を与えることができます。軽いジョギングや、友達と公園や施設で好きなスポーツをするなど、楽しめる範囲でいいので積極的に体を動かしていきましょう。

しかし、いきなりの過度な運動は逆効果になりますので自分の体と相談しながら運動方法を模索することがポイントとなります。

適度な睡眠をとる

22時~2時の間の4時間。髪を早く成長させたいのであれば、この時間には寝るようにしましょう。仕事が忙しくてそんなことできなという方も、例えば仕事を家に持ってきたとしてもそれは早朝に片づけるようにして、できるだけこの4時間には布団に入ることをお勧めします。

髪の毛は成長ホルモンの分泌によって成長するのですが、成長ホルモンを分泌する副交感神経はこの4時間に最も活発に働きます。このような理由から、この時間帯に寝るのが一番髪に良いとされるのです。

しかし生まれつき寝つきが悪い人や、そんな時間には全く眠くならないという方もいるかと思います。そのような方は、寝る前に睡眠を促すハーブティーを飲んだり、適度な運動と絡めながらその時間帯には眠くなるような習慣を身に付けましょう。

喫煙・飲酒を控える

この記事を読む方の中には、喫煙や飲酒の習慣がある人もいるかと思います。適度に嗜む程度であれば、ストレスの解消にもつながりますし必ずしも悪いこととはいい難いです。

しかし、髪の毛をどうしても早く伸ばしたいという方はその習慣を半年だけでもやめてみましょう。その理由は以下の通りです。

喫煙がもたらす悪影響

・肌や髪の毛にとって大事な栄養素であるビタミンCを大量に破壊してしまう。

・タバコに含まれるニコチンには、「血管収縮作用」というものがあり、この作用のため血管の末端や収縮してしまい血流による栄養    補給が充分にできなくなってしまう。

飲酒がもたらす悪影響

・髪の毛を構築するケラチンというタンパク質の基盤であるアミノ酸がアルコール分解に際に大量に使われてしまうため、髪の毛に必要なアミノ酸が減ってしまうことに繋がる。

・肝臓でアルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドが、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの増加を招く一因となり薄毛を促進させる恐れがある。

・睡眠の質が下がり、成長ホルモンの分泌を妨げることに繋がる。

・アルコール摂取による利尿作用などにより水分が失われると血液に悪影響がでて、血行が悪くなる。

いかがでしょうか。これらの理由から喫煙・飲酒が髪の毛の成長に良くない習慣であるということが目に見えてわかります。しかし先ほど述べたように、適度な量の摂取であれば体にいい影響を与えることもあります。自分の中でしっかりとしたルールを決めて、これらの趣味嗜好を楽しみましょう。

髪を結ったりスプレー剤を使わず自然で状態を保つ

髪を結ったり、スプレー剤などを使ってヘアスタイルを作る方は大勢いることでしょう。それも、髪型を作るために必要なことであるため一概にそうしてはいけないと言うつもりもありません。

ただ、髪を引っ張ることで頭皮にダメージを与えたり、茶髪でハゲると言われているように、スプレー剤やカラー剤を使うことで髪の毛にダメージを与えてしまったりというのも心配です。

しかしこれらについては、生活の一部でごく当たり前の習慣であるためそこまでの注意は必要ないかと考えられます。「ちょっと頭皮が荒れているな」「髪の毛が痛んでるな」などといったことを感じた時に、少しの間自然の状態で過ごして髪の毛を休ませようかなと考えるくらい気を遣えれば充分でしょう。

日常に合わせた食生活・ヘアスタイルの見直しが肝要です。

育毛に必要なことの中で「健康的なライフスタイル」が一番の基盤になります。健康体であるからこそよりよい効果が望めるものであるため、まずよりよい生活習慣、食生活を心掛けるようにしましょう。そのことは必ず育毛の力になります。

また、少し薄くなってきたりしてしまった方や髪を切りすぎてしまった方も落ち込む前に今できるヘアスタイルの中でどれが一番似合うのか、こういったことを前向きに考えていきましょう。ヘアスタイルというのはどんどん変わっていくものです。ネガティブに物事を捉えていく前に、今できる最高のパフォーマンスをしましょう。

-女性の薄毛

Copyright© AGA総回診 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.