ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの副作用で体毛が濃くなる?多毛症の対策方法を紹介!

投稿日:

ミノキシジルタブレットとは?

AGA治療を行っていると、「ミノタブ」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。正式には「ミノキシジルタブレット」と言います。内服型のAGA治療薬で、強い作用副作用が特徴的です。ミノタブは強い発毛効果と効果が出るまでの期間が早いです。

ミノキシジルタブレットは主成分にミノキシジルという成分を使った内服薬の略称です。商品名ではなく、総称のようなものですね。

ミノキシジルには、血管拡張作用があります。そのため、最初は高血圧症治療薬としてアメリカで使われてきました。しかし、そこに副作用があったのです。それが体毛が濃くなるというものです。多くの医学は副作用を作用に転換して作られてきました。それを利用して、ミノキシジルを主成分とする育毛剤としてアメリカで認可され、使われています。

ただ、日本では塗るタイプのものは認可されていますが、内服薬としては認可されていません。

ミノキシジルタブレットの効果を分かりやすく詳細

血行促進や毛母細胞が活性化、さらにはヘアサイクルの正常化も

ミノタブに発毛作用があるのは、血行促進作用があるのが要因です。血行が良くなると、栄養が体全体に行き渡ります。ミノタブには血管を膨張させる働きがあり、血管が太くなれば、毛を支える皮膚をしっかりさせる栄養素を生き渡させられます。

ミノキシジルには、毛母細胞を活性化させる血管内皮細胞増殖因子のがあります。毛母細胞は髪を製造する工場的働きをして、毛髪になります。毛母細胞には栄養と刺激で活性化します。そうした栄養と刺激を与える役割があるのですね。髪の毛を直接的に製造する働きがあります。

ミノタブにはヘアサイクルの正常化をして、休止期にあった毛根が再び成長期になったり、成長期の毛根がより活発化します。多くのAGA治療を行っている患者の人はヘアサイクルが乱れている人が多く、そうしたものを正常化するということは非常に大切なことです。

ミノタブの正しい飲み方教えます

ミノタブの効果的な服用の仕方は、1日に2度の経口服用です。朝晩の2回に分けて服用すると、血液に1日中、成分が留まっています。AGAに効果的なのは、血液に成分を留めておくことです。そうすることで、薬効成分が血中に常にあり、常に髪の毛に栄養を与えることになります。血液に成分を留めておくために、同じ時間に飲むことが大切です。一度の服用量は、1日2.5~10㎎ですが、正式に認可されている量というわけではありません。

実はミノタブは育毛剤としてはどの国でも承認されていないのです。そのため、研究がまだ未発達です。個人差を考えて、適量を決めるのがベストとされています。

ミノキシジルタブレットの濃度は2.5mgで効果は十分だ!

ミノキシジルタブレットは発毛効果のとても高いAGAの内服薬としてプロペシアと並んで有名な薬です。 ミノキシジルタブレットを購入しようとすると、2.5mg、5.0mg、10mgという三種類の濃度の物があ ...

続きを見る

 

ミノタブの副作用で多毛症?

体験談「体毛が少し気になってきた…」

ミノタブを使ってみて感じたのは、鏡で体を見た時、体全体が黒くなっているのを感じたからです。胸毛も生えてきて、体全体の産毛が増えてきたように感じました。気になる程度に増えてきたのです。

それはミノタブを使ってきて、顕著に感じました。

ミノタブで体毛が濃くなるメカニズムとその仕組み

ミノタブは髪の毛を増やす働きがあります。しかし、それは副作用として偶然発見されたものであって、頭皮にだけ影響するものではありません。毛穴に全てに効果が出るのです。

血管を膨張させることによって、体全体の毛穴に栄養素が行き渡りやすくなります。毛穴全てに影響が出るため、体毛全体が濃くなるのです。

ミノキシジルタブレットの多毛症以外のリスクは?

動悸、めまい、倦怠感

元々、高血圧で血管を膨張させるために作られた薬ですので、血管が正常な人が使うと、体に負荷がかかることがあります。

血液の流れが早くなり、動悸がしたり、脳の血流が早くなり、めまいがしたり、体全体がだるくなったりします。

ミノタブと併用出来ないもの

ミノタブは高血圧を治すため血管を膨張させる作用があります。そのため、血圧に影響する薬とは併用してはいけません。血圧のコントロールが不安定になり、体に害が出ます。

・バファリンなどの鎮痛薬
・ロキソニンSなどの鎮痛薬
・ガスター10などの胃腸薬
・バイアグラなどの血管を操作するED治療薬
・イミグランなどの頭痛薬

など、市販の薬でも一緒に飲むと、悪影響を及ぼす可能性があります。

また、お酒も駄目です。アルコールには血管を膨張させる働きがあるため、一緒に飲んでしまうと、血管に負荷がかかります。また、アルコールの毒素も一緒に行き渡りやすくなるので、髪の毛を薄くする効果もあります。

ミノタブって効果がいつ出るの?その期間には個人差も

ミノキシジルタブレットと初期脱毛の関係を詳しく説明

ミノタブはヘアサイクルを正常にする働きがあります。ヘアサイクルとは毛が生え変わる周期が良くなることです。

毛は成長期を得て、退行期になり、休止期になり、完全に毛の能力が停止して脱毛します。ヘアサイクルが早くなると、退行期や休止期になっている不健康な毛が脱毛されて、一時期的に脱毛が増えます。悪い毛を排出して正常な毛を生やすのです。

そして、初期は脱毛が増えるように見えるのです。

ミノタブを使い続けると耐性はつくの?

ミノタブは耐性がつくことがあるといわれています。元々、副作用として毛が増えるのを利用しているので、薬剤耐性がつきます。そうなると、副作用のみ残って、効果がなくなくなるので、仕様を控えた方がいいでしょう。

耐性をなくすには、一時期的に使用を控えるのが最もベストな選択肢です。ただ、短期間使用を控えても耐性が抜けきれないので、数か月規模で使用を止めて、耐性を抜くのがいいでしょう。

ミノキシジルタブレットで多毛症になったときの対策方法

自分で抜いたり剃る

脱毛の基本的な対処法ですね。毛というのは、抜くよりも早く増えることはありません。自分で剃刀で剃ったり、太い毛なら抜いたりすることで、その場その場で対処することができます。濃くなる前に自分で処理をすることで、対処できるのです。

メンズエステなどに通って脱毛

最近ではメンズエステで脱毛する男性も増えてきました。中には全身脱毛をする男性も増えてきましたね。男性も肌の手入れをするようになり、剛毛を不潔だと思う習慣が身についてきました。そして、文化の欧米化によって脱毛文化も発展しています。

ミノタブで多毛症になると全身の毛が全体的に増えるため、全身脱毛をすることによって、劇的に効果が出ます。特に永久脱毛をすると、毛根自体を焼き切ることができるため、多毛症に非常に有効的です。

ミノキシジルなどの外用薬(塗りミノ)を使用し育毛効果も

同じ血管拡張型の薬であるミノキシジルなどを使い、より効果を高めることもできます。そうすれば、素早く育毛を行うことができます。

ミノキシジルの濃度を下げる

逆にミノキシジルの濃度を下げれば、全体的に多毛症をコントロールすることもできます。多毛症になったら、ミノキシジルを調整して、生えてくる毛を丁度いい具合にすることもできます。

他の育毛方法に切り替える(フィンペシアと併用)

あまりに多毛症が酷い場合は、他の育毛方法に切り替えることも判断の一つとして必要です。特に男性ホルモンを抑制するようなフィンペシアなどと併用するなどすれば効果的です。

育毛方法は幾らでもあるので、その他色々な方法を試してみるのもいいでしょう。

ミノタブは併用する方が効果が高い?

ミノタブは、発毛を促進する働きがあります。それに併用して男性ホルモンを抑制するフィナステリド剤を併用することによって、作用の異なる2種類のAGA治療を行うことができます。発毛と抜け毛防止の相乗効果があり、より短期間でAGA治療を行うことができます。

つまり、ミノタブは発毛を担当し、その他のAGA治療薬が抜け毛を防止し、育毛剤などを使えば育毛も行えます。AGA治療薬は複合的に使って副作用が出るのは、同じ系列のAGA治療薬のみです。つまり、血管を膨張させるAGA治療薬を多用すれば負荷がかかりますが、別種類の治療薬を使えば、副作用が出ることはありません。複数の観点からアプローチすれば、それだけAGA治療は早くなります。

ミノキシジルタブレットでの多毛症は避けられないと考える必要も

ミノタブでAGA治療を行っているのは、全身の毛を増やしているからです。つまり、多毛症こそがミノタブのAGA治療の根源なのです。そのため、ミノタブを使えば多毛症は避けられないという考え方もできます。しかし、多毛症は様々な面から対処することができ、AGAよりも悩みが少ない病気であるとも言えます。

多毛症を取るか。AGA治療を取るか。それは個人の判断ですが、客観的に考えるとAGA治療を取った方が得策でしょう。

ミノタブは副作用も凄いが発毛の威力はそれ以上

ミノタブは多毛症など様々な面で副作用が強いです。しかし、発毛の効果は威力が高いです。ほとんどのAGA治療薬が男性ホルモンを抑制して抜け毛を防止するようなタイプのものであるのに対して、ミノタブはダイレクトに発毛効果があります。そのため、AGA治療薬の中でも威力が強いです。

毛を生やすというのは、なかなかメカニズムが解明されていません。その一方で加齢などによって毛が抜けるというシステムは明白になっています。そうした中で、数少ない直接的に毛を生やすことができる最善策となる薬であるのです。

ミノタブの個人輸入は偽物が多い?

ミノタブには欠点があります。内服薬が日本で製造が許可されていないということです。それは非常に大きな欠点です。何故かというと、日本で正規のルートでは手に入らないからです。そのため、海外などを通じた個人から輸入することになります。

しかし、個人輸入は偽薬が存在すると言われています。個人輸入では仕入れない方が良いでしょう。

-ミノキシジルタブレット
-, , ,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.