ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット10mgは危険!副作用の体験談を見て考え直そう!

更新日:

AGAの治療薬にはミノキシジルを含む治療薬であるミノキシジルミノキシジルタブレットが有名です。その他にもプロペシア、フィンペシアなどのフィナステリド錠などがあります。

インターネットなどで薄毛を治療している方のブログなどを見るとミノキシジルタブレットが最強といった意見も見受けられます。

そういった人の中にはミノキシジルミノキシジルタブレットには2.5mg、5mg、10mgの三種類があり、中には濃度が高ければ高いほうが良いと言った主張をしている方もいるのですが僕はミノキシジルタブレットを1日10mg服用するべきではないと考えています。

コレだけ飲めば完璧!といった口コミを見るとついつい期待してしまって高濃度のミノタブを買ってしまいがちですが、そもそも個人輸入というリスクのある方法をとっているということを忘れてはいけません。治療は自己責任である以上慎重に選んでいくべきです。

ミノキシジルタブレット10mgの効果

ミノキシジルの効果と濃度の関係

ミノキシジルの濃度と発毛効果に関してはいくつかの研究によりその関係性が示されています。

ただし、臨床実験などに使われているのか基本的にミノキシジル外用薬のデータである事がほとんどです。

これはミノキシジルの濃度が高いほうが効果が高いということを示すグラフとしてよく使用される臨床試験のデータから作ったグラフです。縦軸は同一部位(1平方cm)の毛髪の数を示しています。

しかしこのデータはミノキシジルタブレットではなくミノキシジル外用薬、つまりリアップやロゲインといった頭皮に塗るタイプの薬におけるデータです。

ミノキシジルタブレットは外用薬と違い、成分が直接血液に吸収されて全身の細胞に影響を与えます。そのため全身に様々な影響をあたえるため、濃度が高いほうが効果が高いといったような簡単な結論を出すわけにはいかないのです。

ミノキシジルタブレット10mgの評判・口コミ

ただし、ミノキシジルタブレットの10mgは確かに効果があるということは実際に使用している人の声を見ても分かる通りです。

ミノキシジルタブレットの購入ができるオオサカ堂の口コミを見てみると以下のような高評価のコメントがほとんどでした。

ミノキシジルタブレット10mg[Lloyd社製]

連続での購入です。5mgよりお得感があります。
フィンペシアとの併用です。
少しずつ増えてる感じがします。
抜け毛が減っているので効果もあると思います。

しかし、ネットでミノタブに関する口コミを調べてみると副作用について様々な意見が見られました。

13毛無しさん2016/06/05(日) 10:53:48.88ID:o7sKyuR0>>15
ミノタブ1日1回10ミリを飲み始めたらすぐに猛烈なむくみと怠さに襲われたので
半分に割って1日5ミリにしたら大丈夫だったんだけど
今度は昼5ミリ夜5ミリって飲んでみたらやはり夜飲んでしばらくするとむくみ始め次の日の朝もまだむくみが取れない
これって1日5ミリでやめとけって事かな?

ミノキシジルタブレットの10mgをおすすめしない理由

ミノキシジルタブレットはとても効果の高い治療薬だと言われています。ただしこの10mgという濃度のミノタブはおすすめしていません。その理由は主に以下の3点があります。

ミノキシジルは髪の毛を生やすがAGAの原因を解決しない

そもそもミノキシジルがなぜ発毛効果があるのかを知っていますか?元々が高血圧のために開発された降圧剤であるということは知っている人も多いと思います。ミノキシジルが発毛に作用するのは血流を改善することによって毛母細胞の細胞分裂を促進し、毛髪の成長を促していると言われています。

しかし、そもそもAGAの原因はすでにほとんど解明されています。AGAは男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、これが脱毛因子TGF-βを生成することが原因とされています。

そのためこの5αリダクターゼを阻害する薬として、フィナステリド(プロペシア)デュタステリド(ザガーロ)といった内服薬がAGA治療薬として認可されているのです。

しかしミノキシジルはこういったAGAの原因に直接作用しているわけではありません

つまり、まずプロペシア等でAGAの原因をしっかり抑えることが第一でそれに加えてミノキシジルによって発毛を促進するというのが正しい使い方であるということです。

そのため「ミノキシジルタブレットの5mgで発毛しないからじゃあ10mgで」と言った考え方は誤りだということです。AGAが原因で薄毛になっている場合はミノキシジルタブレットを服用するより先にプロペシアなどのAGA治療薬の服用を考えるべきです。

ミノタブ10mgは副作用が強いため長続きしない

ミノキシジルタブレットはそもそも副作用が強い薬とされています。ミノキシジルタブレット10mgは効果も強い半面、副作用が全身に与える影響も計り知れません。そのため10mgなどの高濃度で継続して服用していると高い確率で副作用がでます。

副作用には体毛が濃くなる、血圧低下、顔がむくむ、動悸や不整脈等があり、副作用は濃度が高くなるほど危険度が高くなると考えられます。

そもそも、AGAの治療をするためには髪の毛の生え変わる周期であるヘアサイクルを正常に戻す必要があります。一般にヘアサイクルは2年から6年の周期であるため、すべての髪の毛にその作用が反映するためには長期間の間作用させる必要があります。

しかしミノキシジルタブレットを増量した結果副作用が発症してしまい、使用をやめてしまっては効果は得られにくくなってしまいます

ミノキシジルタブレットの濃度は2.5mgで効果は十分だ!

ミノキシジルタブレットは発毛効果のとても高いAGAの内服薬としてプロペシアと並んで有名な薬です。 ミノキシジルタブレットを購入しようとすると、2.5mg、5.0mg、10mgという三種類の濃度の物があ ...

続きを見る

ミノキシジルの許容量は高血圧患者向けのもの

ミノキシジルはもともと高血圧患者のための降圧剤として作られたものです。そのためメインの効果は血管を拡張することによって血圧を下げる効果となっています。

ミノキシジルタブレットの使用上の注意をみると以下のような記載があります。

このように必要に応じて1日20mgや40mgまで増量できると書いてありますが、これはあくまでも高血圧患者向けの数字です。

高血圧患者のための減圧剤として用いられる場合でも1日5mgからはじめてゆっくりと医師の観察をしながら徐々に増量していくほど体への影響が大きい薬です。

これを育毛目的で使用する場合、医師の判断などはなく自己判断で使用することになります。ましてや正常な血圧の人が使用した場合の副作用は医学的にほとんど検証されていないためどんな副作用が出るかわかりません。

そのため10mgという高濃度のミノキシジルタブレットは普通に考えて正常な血圧値の人には過剰すぎる量だということができます。

それでもミノタブを服用したい人は...

インターネットで情報を集めているとミノキシジルタブレットを服用した人に成功例や副作用がでてきてしまったといった失敗例も多く出てきて、中にはミノタブだけでよしといった声もあればひどい副作用に悩まされて育毛どころか健康状態まで悪化してしまったという人もいます。

そういった口コミをみて不安になる人も多いと思います。

僕はミノタブの副作用でとても辛い思いをした人を知っているので自己治療という選択肢はおすすめしません。

もし今自己治療をしたいと思っている方も、少し冷静に考え直してください。国内でミノキシジル内服薬を処方しているAGA専門の病院へ行ってみることです。病院と言うと気軽に行きづらいようなイメージを持つ人もいると思いますが、実際にはこういったクリニックが薄毛のことを堂々と話せる数少ない場所になっています。

AGA治療の最大手であるAGAスキンクリニックではフィナステリド+ミノキシジルタブレット+ミノキシジル外用薬をつかったオリジナルのち療法を確立しています。こういうクリニックではしっかりとAGAの原因をおさえた上で髪の毛を取り戻すためのアドバイスや副作用の対処もケアしてくれるのでむやみに自己治療をするよりもかなりリスクが少ないと思います。

いつまでもネットの情報だけを見て考えていてはAGAはその間にも進行していってしまいます。まずはクリニックの無料カウンセリングを受けてそこで相談してみることを個人的におすすめします。

>>AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら<<



Shortcodes Ultimate

-ミノキシジルタブレット
-, , , , ,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.