AGA体験談

【AGA体験談】プロペシアからザガーロに切り替えて1年経ちました。

更新日:

今回は実際にAGAの治療を受けているライターの体験記を紹介します!今後も継続して体験談、体験記を追加していく予定です!

ザガーロで皮脂を抑制できております。

私は、2年程前からAGA(男性型脱毛症)の治療をスタートして、現在でも治療を続けております。治療のメインは、プロペシアやザガーロといったAGA治療薬です。治療当初、皮膚科のAGA外来を受診した時に、フィナステリド製剤のプロペシアの処方を受けました。

当時からジェネリック薬品も取り扱われていることを知っておりましたが、一番最初はプロペシアからスタート。通院する前からAGA治療薬にはとても期待しておりましたので、それから半年程プロペシアの服用を続けました

費用は、月に1度の受診で、プロペシアにかかる約7000円(28日分)と診察料1000円ほどです。プロペシアを服用していて感じたことは、私は脂性肌(脂濡性皮膚炎を発症したこともあります)なのですが、皮脂の分泌が少し抑制された気がする、ということです。脂性と男性ホルモンは関わりが深いと聞いたことがありますので、やはり男性ホルモンに関わる物質が抑制されているからなのだろうな、と納得しました。

途中からは、ジェネリックも変わらない効果であることに気づきましたので、それに変更しております。こちらの費用は28日分で5000円ほどでした。

また、2015年の終わり頃には、先生から「認可になった」と教えていただいたザガーロ(デュタステリド製剤、フィナステリド製剤より効果が高い)に変更。30日分の処方で値段は9000円を少し超えるくらいです。

そして、ザガーロを1年以上続け、現在に至ります。そのザガーロの服用中に、明らかに「皮脂が抑制されている」ことが分かりました。脂っぽくて赤みがさしたりニキビが出来たりする部分に、問題を感じなくなったからです。

更にシャンプーの時の手応えが変わった(はっきりと見えるほどではありませんが、ボリュームもアップしているのでしょう)こともそうですが、1度目から泡立ちがよく、2度目のシャンプーでは大分さっぱりするようになりました。

私は、以前は(ベビーシャンプーで)2度洗いしてもさっぱりした気分にならなかったので、それだけでも大きな改善と言えます。5αリダクターゼという酵素を抑制し、それが男性ホルモンと結びつきDHT(抜け毛の原因となる)が生まれる、という男性型脱毛症の一番大きな要因は防げているのでしょう。

あとは、「毛髪を増やす」という方法に的を絞って、AGAを改善していきたいと思います。

まとめ

プロペシアとそのジェネリック医薬品を継続して服用して効果を感じ、また、ザガーロに変えて1年以上経過した現在ではシャンプーの手応えが変わるくらいに髪のボリュームや皮脂の量の変化が合ったみたいですね。

ザガーロを最安値で処方しているAGAクリニックをまとめました。そちらも参考にしてみてください。

ザガーロを最安値の価格で処方しているAGAクリニック・病院まとめ

国内で2015年に承認されて以降、プロペシアよりも発毛効果の高いAGA治療薬として人気のデュタステリド錠「ザガーロ」ですが、このザガーロの価格はプロペシアと比較して高いということがデメリットでもありま ...

続きを見る

今後もAGA体験記を更新していくのでぜひ見ていってください。

関連記事:ザガーロはプロペシアよりも強力?効果や副作用を比較して解説!

Shortcodes Ultimate

-AGA体験談
-, ,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.