薄毛の対策・予防

頭皮の乾燥フケ・かゆみに化粧水が良い?おすすめのシャンプーも紹介!

投稿日:

頭皮が乾燥してフケやかゆみが気になる…

頭皮の乾燥にお悩みの方いらっしゃるのではないでしょうか。そんな時皆さんはどのような対応をとっていますか?乾燥肌向けのシャンプーを使用する、湯シャンを試してみる、薬用品を使用してみる等それぞれあると思います。そこで今回は頭皮の乾燥について詳しく見ていきたいと思います。

頭皮の乾燥をそのまま放置すると抜け毛の原因にも

頭皮が乾燥していると、かゆみやフケが気になってくると思います。この状態をそのままにしていると頭皮環境が悪化してきます。その結果抜け毛に繋がってしまうのです。

頭皮乾燥の原因は?

頭皮乾燥の原因は何なのでしょうか。原因はいくつかありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

市販シャンプーで頭皮が乾燥

シャンプーの主成分は洗浄成分です。この洗浄成分が頭皮の脂や不純物を落としています。そのため必要以上のシャンプーは頭皮を乾燥させてしまいます。更に市販の安いシャンプーはこの洗浄成分が多く含まれているため、頭皮の乾燥を後押ししてしまうというわけです。

髪の毛の乾かし方が悪く頭皮が乾燥

シャンプー後の頭皮は皮脂が少なくなり水分が奪われやすい状況になっています。ただし濡れたままにしておくと雑菌が繁殖し頭皮環境を悪くしてしまうので自然乾燥ではなくドライヤーを使用し乾かしましょう。ドライヤーは髪の毛から30cm程離し、1箇所に集中せず根元を乾かしましょう。その後髪の毛の表面、裏側を乾かしたら最後に冷風で仕上げましょう。冷風を使うとツヤが出ますのでお勧めです。

またヘアブラシを使うこともおすすめです。

室内の温度や湿度が高すぎたり低すぎたりする

室内の温度や湿度に気をつけましょう。皮膚に最適な湿度は60~65%となります。加湿器や観葉植物等で湿度をコントロールすると良いのではないでしょうか。また、室内に限らずエアコンの風を直接受けることは乾燥に繋がるので止めましょう。

食生活や普段の生活習慣の乱れ

普段の生活も気をつけるようにしましょう。忙しい現代人は睡眠時間が足りなかったり偏った食生活をしている方も多いと思います。しかしそのような生活をしていると体への悪影響はもちろん、頭皮環境へも悪影響です。質の良い睡眠、バランスの取れた食事をすることが頭皮環境改善への第一歩です。

頭皮の乾燥対策①頭皮化粧水

皆さんは顔や体の乾燥が気になった場合化粧水を使用すると思います。そこで頭皮にも化粧水を使っていいのかと疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。具体的にどのような効果があるか等を見ていきたいと思います。

化粧水は頭皮の乾燥にどんな効果がある?

化粧水には保湿の効果があることはご存知の方が多いと思います。顔や体の乾燥対策で化粧水を使用すると思いますが、頭皮にも同様の効果が期待できます。

水分不足を補いしっかりと保湿をする【大切】

化粧水は肌の水分を補い、それを持続させることで乾燥を防ぎます。乾燥しないように普段から気を使うことはもちろん大切ですが、乾燥が気になってきた場合は化粧水の使用も考えてみてはいかがでしょうか。

頭皮の乾燥防止!化粧水をオススメしたいのはこんな人!

化粧水の効果について見てきましたが、ではどのような方にお勧めなのでしょうか。いくつかありますのでそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

乾燥肌が気になる人

普段から顔や体の乾燥に悩んでいる方は頭皮の乾燥も同様にお悩みではないでしょうか。普段から気をつけていても乾燥してしまう方がいらっしゃると思います。そのような方に化粧水はお勧めです。

頭皮にかゆみやフケがある人

頭皮のかゆみやフケは乾燥が原因ということがあります。化粧水を使用し乾燥から頭皮を防ぐことができればこのような悩みが解決できるかもしれません。もちろん他の原因も考えられますが、まず化粧水を使用してみても良いのではないかと思います。

血行不良で頭皮が赤茶色になっている人

血行不良は乾燥に直接繋がります。毛細血管の働きが悪くなり、肌へ十分な栄養が届けられないことで乾燥してしまいます。化粧水もお勧めですが一緒に頭皮マッサージすることで血行が良くなりますので実践してみてはいかがでしょうか。

外出が多く紫外線を浴びることが多い人

紫外線には肌を乾燥させてしまう作用があります。なので日中外にいることが多い方は少なからず頭皮や髪の毛にダメージを受けています。仕事等でどうしようもない方もいらっしゃると思いますが、帽子等で対策を行ない、化粧水でも合わせて頭皮をケアすることが大切です。

髪の毛にハリやコシが欲しい人

頭皮専用の化粧水では、乾燥だけではなく髪の毛にハリやコシを与えるといった商品もあります。自分の頭皮環境に合った化粧水を使用しましょう。

頭皮化粧水の効果的な使い方を教えます

ここまで化粧水の効果やどのような方にお勧めかを見てきました。ここからはどのように化粧水を使用することで効果的になるのかを見ていきたいと思います。

ステップ1:アミノ酸系のシャンプーを使う

アミノ酸シャンプーは市販のシャンプーに比べ、洗浄成分が弱く(頭皮に優しく)なっているため、皮脂が必要以上に落とされません。そのため市販のシャンプーよりも乾燥対策としてはアミノ酸シャンプーの方がお勧めです。

ステップ2:タオルで丁寧に水分をふき取りドライヤーは30cm離す

シャンプー後のドライヤー等にあまり気を使わず、とりあえず乾かせばいいやと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はドライヤーの仕方で乾燥を招くことがあります。部分的に集中して近くでドライヤーをすると頭皮の乾燥が進みます。また髪の毛にもよくありません。そのため、シャンプー後は清潔なタオルで水分をよくふき取り、ドライヤーは30cm程離し根元から乾かすようなイメージで行ないましょう。また、1秒以上同じ部分に当てずにすることを意識してください。

ステップ3:化粧水を使用

ドライヤーで乾かした後、化粧水で保湿を行ないましょう。化粧水を適量取り指の腹を使ってマッサージしながら馴染ませます。また、冷やして使うことで毛穴が引き締まり抜け毛予防となります。夏であれば爽快感もありお勧めです。

ステップ4:頭皮マッサージを優しくする

化粧水を使用する際は頭皮マッサージをしながらすることが効果的です。化粧水を馴染ませることはもちろん、血行が良くなるためお勧めです。血行が良くなることで栄養素が届きやすくなり抜け毛や薄毛の予防となります。

アトピー頭皮が原因で乾燥の場合化粧水では不十分かも…

アトピーと聞くと顔や首、背中といった部分をイメージされる方も多いのではないでしょうか。実は頭皮にもアトピーはあります。顔や背中と違って頭皮は髪の毛に覆われており、幹部をしっかりと見ることが難しいため、厄介です。

化粧水だけで治すことは難しいため、ローションタイプのステロイド外用品を使用し、その上で化粧水で乾燥を防ぐことで対策しましょう。

頭皮の乾燥対策②フケやかゆみを防ぐ専用シャンプーを試す!

アトピー頭皮には市販のシャンプーですと洗浄効果が高すぎて、良くありません。そのため、アトピー肌でも使用可能な超低刺激のシャンプーを使用しましょう。そういったことになりますので洗浄力がマイルドで、低刺激性の界面活性剤が主成分のシャンプーを使用することをお勧めします。

1位.薬用コラージュフルフルネクスト

日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合

フケやかゆみを防ぎ、頭皮を健やかに保つ頭皮のために作られたシャンプーです。髪や頭皮にやさしいアミノ酸系洗浄成分を含んでおり、また頭皮に必要なうるおいは残しながらすっきり洗い上げるシャンプーです。

フケの原因菌に直接アプローチすることでフケやかゆみを防ぐためのシャンプーとして人気の商品です。

2位,ノブヘアシャンプーDS

敏感な頭皮の方向けに作られたシャンプーです。頭皮のうるおいはしっかり残し、頭皮や皮膚、頭髪に負担の少ない毛髪保護成分を使用しているためしなやなかな感触の髪に仕上がります。また、無香料・無着色・低刺激性となっております。

3位.ハーブガーデン

ハーブガーデンは環境にも人体にも優しいシャンプーをコンセプトに作られました。アミノ酸シャンプーで100%天然由来成分が特徴です。市販のシャンプーは人工物を大量に使用しているため、抜け毛や薄毛、フケといった頭皮トラブルを引き起こします。このハーブガーデンに関しては100%天然成分のためそのような心配が不要です。

頭皮の乾燥対策③頭皮のオイルクレンジングを試す!

オイルクレイジングは肌のメイク落としに使われることが多いですが、頭皮ケアにも使用することができます。頭皮の皮脂については普通のシャンプーで落とすことができますが、皮脂汚れはなかなか落ちません。皮脂汚れを落とすことができるのがオイルクレンジングです。汚れを落とす以外にもフケの軽減や抜け毛防止、血流アップといった嬉しい効果もあります。化粧水やシャンプーが合わない方は1度お試しいただいても良いかもしれません。

乾燥対策しても、痒みや痛みを感じたら皮膚科へ

ここまで様々な乾燥対策を書いてきました。化粧水肌に優しいシャンプー、またドライヤーの仕方など色々とあったと思います。この対策を行なっても中々痒みが無くならない、痛みも変わらないといった場合には皮膚科を受診することをお勧めします。途中でも書きましたがアトピー皮膚炎の可能性もあります。

もしそのような何かの病気が原因だった場合、対処が遅れると治りも遅れるばかりか更にひどい症状を起こしてしまう可能性もあります。病気は早期発見、早期治療が治りも早いです。もし少しでも不安を感じるようであれば皮膚科を受診し薬をもらい、医師の指示通り療養しましょう。治った後にここで書いてきた様々な対策を実施し再発を防止していただければ幸いです。

-薄毛の対策・予防
-, ,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.