薄毛の対策・予防

湯シャンで薄毛への効果が凄い!実践した体験談と注意点!

更新日:

湯シャンとは

湯シャンというのは、その名の通り「お湯のみで髪を洗う」ということです。シャンプーを使わないのに汚れが落ちるわけがないと思っている方もいるかとは思いますが、実は汚れのほとんどはシャンプーをせずともお湯だけで落ちるのです。

そもそも髪をシャンプーや石鹸で洗うというのは、昔からの名残ではありません。実はそのようなものを使うようになったのは近年のことであり、もともとはお湯だけで洗ったり米をといだあとの汁を使ったりしていました。

この記事では湯シャンの方法や効果、注意点などを紹介していきます。

湯シャンの方法

ぬるま湯で行う

頭皮には皮脂というものがついています。これらの皮脂が毛穴に詰まったりすることで炎症を起こしたり、髪の毛の汚れに繋がることとなります。頭を洗うというのは皮脂や汚れを落とすためにするのですが、温度が高すぎると余分な皮脂まで落としてしまうことになります。

その結果どうなるかというと、皮脂が極端に減ってしまうため過剰に皮脂分泌されてしまうということに繋がります。そうなると、余計に増えた皮脂によってまた頭皮状態が悪くなってしまうのです。

適正温度は34℃~36℃とされています。熱すぎるお湯でやらないように注意をしましょう。

時間をかけてゆっくり洗う

急いでゴシゴシと洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまうことになりフケや痒みの原因となってしまいます。

指の腹側で頭皮をマッサージするようにゆっくりと丁寧に洗うことが大事です。ロングヘアーだったり髪の毛の量が多い人は、なかなか指だけでは頭皮までしっかり洗うことが難しいので、ぬるま湯で流しながら櫛を使って髪をや頭皮を洗っていきます。

刺激を抑え温度調節に気を配る

季節によって温度の調節に気を配ることも大切な要因です。夏など汗をたくさんかいてしまう季節には当然頭皮にもたくさんの汗をかきます。その結果汚れや皮脂がいつもよりも多く付着している状態になることがあります。そういった場合には少しだけ温度を上げるなどしてコントロールしましょう。

また、冬などあまり汗をかかない季節には逆に温度を夏の時より低くすることで余分な皮脂を落とさずに保つことができます。

今日一日、どのくらい汗をかいたかなどしっかりと捉えたうえで温度の調整をしっかり行いましょう。

適正温度は高温ほど効果が高い

適正温度は先ほど34℃~36℃としていましたが、初めて湯シャンをする方は少し注意が必要です。今までシャンプーをずっと使っていた方であれば、頭皮に多くの皮脂が分泌されている可能性があります。そのため、最初は適正温度よりも少しだけ高めのお湯から初めて、少しづつ慣れてきたら適正温度に近いお湯で洗うようにするとより効率よく頭皮に馴染んできます。

最も、そもそも汗かきづらい人や頭皮を触ってみて少し乾燥しているようであれば最初から適正温度での湯シャンをすることをお勧めします。自分の頭皮の状況をよく理解することがとても大切です。

湯シャンの効果

湯シャンの効果①頭皮への刺激が抑えられ抜け毛が減る。

髪を洗う際にシャンプーを使うことは、頭皮状態を良くする行動であることに間違いはありません。しかし、人によっては洗いすぎていることに気が付かず、髪や頭皮にダメージを与えているといった方もいます。

実はシャンプーを使い洗いすぎることによって、頭皮にはかなりの刺激が加わってしまいます。その結果として、フケや頭皮状態の悪化、抜け毛などに繋がってしまうのです。

その点、湯シャンをすることによって頭皮へ与える刺激を必要最低限に抑えることができます。そのため、頭皮の問題についてのリスクを減らすことができ、頭皮状態を改善することができます。

湯シャンの効果②シャンプーやリンスの経費が抑えられる

これは、頭の洗い方を湯シャンに切り替えてすぐに実感できることです。シャンプーやコンディショナーなどは安くはありません。もちろんメーカーによっては安い価格で販売している商品もありますが、頭皮の状態を気にする人が目をつけるのは少し値が張るものが多いかと思います。

仮に月に一度シャンプーを買うとして、シャンプー、コンディショナー合わせて2000円を平均価格とすると、一年で48000円もの節約ができます。

たまに軽くシャンプーで洗うとしてもかなりの節約になることが期待できるため、湯シャンはお財布にも優しい方法と言えますね。

湯シャンの効果③高い洗浄力で頭皮環境を整えられフケが減る

ここでいう高い洗浄力とは、高い効率の洗浄力という意味です。高い効率とは、やみくもに汚れを落とすのではなく、落としたあとでの頭皮へのフォローもしっかりとしているということです。

確かにシャンプーなどを使えば綺麗に汚れを落とせはしますが、シャンプーにも様々な種類があり実際に自分の頭皮に合うかどうかがわからないまま、無自覚に頭皮を痛めつけているということもありえます

正しい湯シャン方法で頭を洗うことで、必要な皮脂だけを残し頭皮の乾燥を防いでくれるだけでなく髪の毛一本一本を守る役割を果たしてくれます。その結果として、丈夫な髪の毛や頭皮状態のサイクルを良くしてくれるという効果が期待できるのです。

皮脂というのは、新しく分泌される皮脂とその前に分泌された皮脂の2種類があります。この内、嫌な臭いを発するのは古い皮脂の方です。先ほど述べた通り、皮脂には様々な役割があるので全てを洗い流してしまうのはよくありません。全てを洗い流すことで、本来髪の毛に行くはずであった栄養を皮脂を作るのに使ってしまうことがあります。

そのため、新しい皮脂は残し古い皮脂だけ取り去ることで、髪の毛にも十分な栄養が行き届くようになります。

湯シャンの正しい実践のために

湯シャンは敏感肌の対策と一緒に行う

 

敏感肌の人は湯シャンをしながら、敏感肌対策もした方がいいでしょう。というのも、敏感肌にとっては正しいケアが必要だからです。湯シャンは確かに頭皮の状態を良くしたり、髪の毛を丈夫にする効果が期待できますが始めたあと馴染むまでにしばらく時間が必要です。

そのしばらくの時間の間に、増えている皮脂によって汚れなどが溜まりやすくなってしまい敏感肌がより深刻になってしまう可能性があります。こういった理由から、敏感肌である人はまず敏感肌をしっかりとした皮膚に戻すための作業が必要となります。

皮膚は「セラミド」という細胞間脂質というものによって皮脂と水分とのバランスを適切に保つことで外からの刺激に備えています。敏感肌は不規則な生活やストレスなどによるセミラドの減少により皮膚のバリアー機能が低下してしまっていることが主な原因となります。

そのため、敏感肌の人は湯シャンを始める前にまず自分自身の生活習慣などを見直したり腸内の調子を整えるなどをして敏感肌の対処を先にしたほうが良いでしょう。

頭皮が乾燥しやすい人は温度を高すぎないようにする

頭皮が乾燥しやすい体質の方は、湯シャンの際により注意が必要です。乾燥しやすいということは、頭皮の皮脂の分泌量が人よりも少ないという可能性があります。そのため、湯シャンの時のお湯の温度や洗い流す時間など正確にきちっとしなければなりません。お湯が熱すぎたりあまりにも長く洗っているとお湯だけとはいえ必要な皮脂までもが洗い流されてしまう可能性があるからです。

また、ほとんど汗をかかなかった日にはサッと流すだけにするというのも一つの方法です。これはその方の乾燥度合にもよりますが、乾燥しきっている頭皮を洗ってしまうと頭皮に傷をつけてしまいそこから菌などが入る可能性も否めません。

どのような方法でも頭皮が乾燥してしまい頭皮状態が悪いと感じているのであれば、皮膚科などに相談するのも手かと思います。

フケが出る理由を突き止める

細かいパン粉のようなパサパサしたフケが出るというのには様々な原因があります。

1.食生活に問題がある

食生活が乱れており、栄養をうまく摂取できていない場合フケが出てしまう可能性があります。その原因は、皮膚の状態に影響を及ぼすビタミンAなどの栄養が不足してしまい、頭皮の角質が乾燥し取れやすくなってしまうからです。他にもビタミンA,ビタミンC,ビタミンBなど、ビタミンは主に皮膚の状態を良くする栄養であるため積極的に摂取しましょう。

2.ライフスタイルが乱れている

頭皮は、睡眠不足であったり血行不良であったりライフスタイルの悪影響を受けやすい場所となっています。ライフスタイル自体も、人間にとってストレスを感じてしまうものであり、少しの乱れで体の循環サイクルに乱れが生じてしまいます。

そうなってしまうと、栄養が十分行き渡らなかったり頭皮が荒れてきたりという症状にも繋がってしまう恐れがあります。これらのことに自覚がある方は、まず生活習慣から見直してみましょう。

3.髪染めやパーマ剤などによる炎症

よく市販の髪染め剤などで髪を染めたりしたあとに頭皮に痒みが出るということがあります。これは染める染料が頭皮に少しついてしまい、悪影響を及ぼしていることが原因です。このことから、頭皮の炎症やフケの発生などに繋がります。

症状が見られたのであれば、一度髪染めなどを頭皮の状態が良くなるまでやめるようにしましょう。どうしても髪を染めたいという方はしっかりとオイルなどで保護した上で髪を染めることがポイントとなります。

効果が出てくるまで独特の使用感がある

湯シャンを初めて一週間~一か月のしばらくの間は、髪の毛に痒みや湿り気など違和感を感じるかもしれません。しかしそれは、今までシャンプーを使っていたために起こる皮脂による影響である可能性が高いため様子を見るほかありません。

しばらくたつと頭皮の方で皮脂の分泌に関してコントロールができてくるので、そこから頭皮のサイクルが良くなり頭皮状態の改善が見られます。しばらくたっても違和感を感じる人は、もともと皮脂分泌量が多い方であったりそもそも炎症を起こしていたなどの理由が考えられるので、医師に相談をしてみるのをお勧めします。

湯シャンをしない日に使いたいシャンプー

無添加で保湿性に優れ低刺激のシャンプー

湯シャンをせずに今日はシャンプーを使おうという時には、とにかく低刺激であり保湿性が優れたものを選びましょう。皮脂をいつもより多く洗い流してしまうことで頭皮の保湿をしっかりとしないといけませんし、皮脂が少ない分外からの刺激に敏感になってしまうからです。

また、無添加であることも大事なことです。無添加であるということは化学成分や添加物が入っていないため髪へのダメージを最小限に抑えてくれます。

洗浄力は弱めだが体に優しいアミノ酸配合のシャンプー

こちらのシャンプーは、どちらかというと湯シャンに近いイメージのシャンプーです。洗浄力が他のシャンプーよりも劣るとはいってもお湯で十分洗い流せることができるので心配はいりません。

アミノ酸が配合されているということで保湿にも優れており、また低刺激なものとなっています。頭皮、髪の毛どちらにも優しく敏感肌の方や、髪の毛が痛んでいる方でも十分満足できる仕上がりになります。

湯シャンには洗浄力があり頭皮の栄養を保護する効果を整えてくれる

いかがでしたでしょうか。シャンプーを使いたい方、湯シャンで済ませたい方の両方に分かれているのが現状ですが湯シャンにはこれほど魅力的な効果があります。

髪の毛をしっかりと支えるシャンプーを見つけて満足しているんだという方であれば問題はありません。しかし、もしいいシャンプーを使っているはずなのに頭皮の状態に不満がある方や、髪の毛の元気がなくなってしまって改善できないという方がいたら是非湯シャンを試して欲しいと思います。

目先の効果は望めないかもしれませんが、頭皮でも体でも循環サイクルというのは一旦乱れてしまうと元に戻すのには当然時間がかかってしまいます。挑戦してみる価値はあるかと思うので、是非湯シャンをしてみましょう。

-薄毛の対策・予防
-,

Copyright© AGA総回診 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.