薄毛・ハゲ治療の情報サイト

AGA総回診

薄毛の対策・予防

前髪が薄くなるのは薄毛のサイン!?抜け毛を抑える対策とまとめ

投稿日:

前髪の薄毛の特徴

毎日お風呂や朝の歯磨き等で鏡を見ることは1日で何回もあると思いますが、そんなときにふと前髪が薄くなってきた、生え際が後退してきた気がすると思った経験はありませんか。薄毛でも特に気が付きやすいのは前髪です。

気付いたときから早めに行動し対策することで薄毛に歯止めをかけましょう。今回は前髪が薄くなる原因、薄くなったと感じたときの対策等を詳しく見ていきたいと思います。

前髪の薄毛の特徴①前髪周辺の髪が少ない

前髪周辺の髪の毛が少ない場合AGA(男性型脱毛症)かもしれません。「男性型」と書いていますが女性にも起こる可能性はあります。AGAの症状としては前髪が薄くなる、おでこが広くなるといったことが見受けられます。

また、年齢も関係なく10代や20代の方でも薄毛になりはじめる可能性がありますので注意が必要です。

前髪の薄毛の特徴①長い髪が育たない

長い髪の毛が育たなくなってきた場合もAGAの症状の1つなので注意が必要です。

常に短髪の方は気が付くのが遅くなるかもしれませんが、少し意識して髪の毛の状態を観察することはとても大切です。髪の毛を失う前からケアを怠らないようにしましょう。

前髪の薄毛の特徴③髪質が柔らかくなる

髪質が変化してきた場合、薄毛の初期症状である可能性があります。

柔らかくなる原因は髪の毛に栄養や水分が行き届いてないことで起こります。そのため、食生活の改善や頭皮マッサージ等で血行を良くすれば改善されることもあります。

女性の場合も薄毛に注意!FAGAの特徴

AGAは男性だけでなく、女性にも起こりうると上述しました。ではなぜ女性にも起こる可能性があるのでしょうか。答えは男性ホルモンです。男性ホルモンが盛んに分泌されていればAGAの原因にもなります。

一般的に若い女性であれば男性ホルモンの量は少ないですが、35歳前後を境に女性ホルモンの分泌は減少し男性ホルモンの影響を受けやすくなります。そのため加齢になってくると発症する確率は上がってきます。

FAGAの特徴①進行型の症状が見られる

女性の前髪の薄毛は徐々に進行していくことが特徴です。そのため毎日意識的に前髪の状態を見ることを習慣付けても良いかもしれません。少しでも対処が早ければ進行も早く食い止められるでしょう。

FAGAの特徴②地肌が目立ちやすい

地肌が目立ちやすいことも女性の薄毛の特徴です。女性は出産やダイエット等のストレスやホルモンバランスの乱れが原因で薄毛になることがあります。

出産前後の場合では育児も重なりストレスを無くすのは難しいと思いますが少しの息抜きをすることも大切ではないでしょうか。

FAGAの特徴③特に女性ホルモンの影響が出る(びまん性脱毛症)

びまん性脱毛症はストレスや誤ったヘアケア、食生活が原因で起こります。洗髪のしすぎやカラーリング等で頭皮に過剰な刺激を与えてしまうと起こりやすくなります。また、ストレスや食生活も原因になりますので、規則正しい生活と適度な運動等でストレスを発散することが必要です。

FAGAの特徴④産後に抜け毛が起こりやすくなる

産前産後では女性ホルモンの急激な分泌量の増減が起きるため、ホルモンバランスが乱れてしまいます。ただ数か月すれば分泌量も安定してくるため、一時的なものと考えれば少し気は楽になるのではないでしょうか。しかし、1年以上抜け毛が止まらないようであれば医師に相談することをお勧めします。

前髪が薄毛になる原因

前髪が薄くなる原因は様々です。遺伝や生活習慣の乱れ、誤ったヘアケア、ストレスなどが考えられます。ただしちょっとした改善や工夫をすれば進行を止め、強い髪の毛が生えてくることも十分にあり得ることです。ここで大切なのは改善方法を誤らないことです。せっかく時間をかけてケアしても逆効果になったのではとても悲しくなります。そのため、実践する前によく調べ、場合によっては美容師や医師に相談するなど念には念を入れて正しい情報を得てからでも遅くはありません。

前髪が薄毛になる原因①髪を結うことによる索引性脱毛症

索引性脱毛症をご存知でしょうか。その名の通り髪の毛を引っ張ることで起こる脱毛症です。女性では、ポニーテールやオールバック等、髪の毛を引っ張るスタイルをずっと行なっていませんか?これは髪の毛にダメージを少なからず与えております。なので毎日ではなく週数回など少し回数を減らすことで髪の毛へのダメージをおさえることができます。意識的に回数を減らすことから始めてみましょう。

前髪が薄毛になる原因②加齢による髪を育成のする力の衰え

加齢によって女性ホルモンの分泌が少なくなることは先述しました。女性ホルモンの分泌が減少すると、皮脂やコラーゲンの分泌が減少し頭皮の乾燥を招きます。さらに頭皮の新陳代謝も活発に行なわれなくなるため、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり結果的に髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてしまったりします。

前髪が薄毛になる原因③筋力や代謝の衰え

筋力の衰えとは薄毛に関係あるの?と思われた方もいらっしゃると思います。実は関係性があります。筋肉には血液のポンプ役としての役目もあり、筋肉が弱くなってしまうと血液を隅々まで送ることが困難になってきてしまいます。そうすると栄養素が毛根まで辿り着かないため、結果的に栄養素が足りず薄毛になってしまうというメカニズムです。

遺伝の影響

薄毛になる原因は様々ですが、遺伝の影響も考えられます。父親が薄毛だから、祖父が薄毛だからと気にされている方もいらっしゃると思います。実は遺伝によって薄毛になる確率はおよそ25%です。そのため、父親が薄毛だからといって高い確率で遺伝するわけではありません。まずは食生活等を見直してみても良いかもしれません。

こんな人は前髪が薄毛になりやすい

具体的にどのような環境の方が前髪が薄毛になりやすいのでしょうか。普段の生活面や仕事面においてなりやすい環境がいくつかあります。どのような状況が悪影響なのか詳しく見ていきましょう。

デスクワークを行っている

パソコンを見ると目が疲れるのは勿論ですが、血行が悪くなり、肩こりや頭皮のこわばりも招いてしまい、発毛・育毛の妨げになってしまいます。仕事なのでやらないわけにはいかないので、定期的に休憩し軽く体を伸ばしたりすることで負担を少なくするように意識してみましょう。

飲酒・喫煙をしている

飲酒は質の良い睡眠を妨げてしまうため、睡眠中に分泌される成長ホルモンがおさえられてしまいます。また、飲酒の分解にはアミノ酸が必要なため育毛に必要な分までそちらに持っていってしまわれます。

喫煙はニコチンが血管収縮作用があり、前進の毛細血管が収縮してしまうため頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。そのため結果的に髪の毛の成長が妨げられてしまうということになります。

ストレスを溜めている

ストレスが溜まりすぎると、体中の血管が収縮しがちになってしまいます。その結果血液が流れにくくなってしまうため、必要な栄養素が髪の毛にまで届かなくなってしまうといったことになります。ストレスが溜まっているなと感じてきたら適度な運動をしてみましょう。いい気分転換になりますよ。

いつも帽子やヘルメットをかぶっている

帽子やヘルメットを常にかぶっていると薄毛につながる可能性があります。頭皮の細菌は湿気の多い場所を好むため、高温多湿な帽子やヘルメットは細菌の繁殖につながります。そのため、常に清潔な状態を維持することで細菌の繁殖を防ぐことが可能になります。

前髪の抜け毛を減らすには

前髪の抜け毛を減らすにはどのような対処が必要なのでしょうか。個人によって原因は様々ですが、自分に当てはまるものを把握し、まずはその原因から一つ一つ対処していくことが大切です。それではどのような対処法があるのか詳しく見ていきたいと思います。

AGAの治療を行う

AGAとは男性型脱毛症のことであり、進行具合によって治療方法は異なります。まずはお近くのAGA治療を行なっているクリニックを探し、相談してみることも良いかもしれません。その際に進行具合を調べてもらったりして現状を把握することも大切です。そんなに進行していないと思っていても実は進行していたり、その逆もあるため気になるようであれば早めの相談がお勧めです。

AGAスキンクリニック

■業界最安値の3,400円からのAGA治療
■月1回30分の通院
完全予約制で患者に合わせた治療を提供
■全国に40院以上展開

無料カウンセリング実施中!

まずは無料カウンセリングへ

 

育毛剤を使う

育毛剤には完全に薄毛が進行してしまった場合などには発毛の強い効果があるわけではありませんが、今ある髪の毛を太く強くしたり、抜け毛を防いだりといった効果があります。少し薄毛が気になるなと感じてきた時に使用してみるのが良いかもしれません。初期段階での使用をお勧めします。

フィンジア 9,980円

■キャピキシル5%配合
■ピディオキシジル2%配合
■30日間の全額返金保証制度

フィンジアの公式サイトへ

発毛剤を使う

ミノキシジルタブレットプロペシアなどの発毛剤は発毛の効果が認められています。そのため、育毛剤はドラッグストアやネットで気軽に購入することができますが、発毛剤は医師の処方箋が必要な場合が多いです。また、発毛の効果があるため副作用が出る可能性もあります。そのため未成年が使用できないものも多く見受けられます。

植毛治療を受ける

薄毛もかなり進行すると発毛剤でも効果が出にくくなります。そんな時は植毛が良いでしょう。見た目にもすぐ表れるため効果が実感しやすいと思います。人工植毛と自毛植毛がありますが現在一般的なのは自毛植毛です。後頭部、側頭部の元気な毛根を採取し植え付けるため、仮に抜けたとしてもまた生えてきます。人工植毛は異物を植えるため副作用もでやすく注意が必要です。それぞれメリット、デメリットはありますのでよく調べた上で医師に相談することが良いでしょう。

髪に栄養を与える食事をとる

カロリーの高いものや脂肪分が多いものを食べることは避けましょう。血行が悪くなり髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。また、それだけでなく健康にも悪く肥満にもなってしまうのでバランスの良い食事を心がけましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。このホルモンは髪の毛の成長に重要な役割がある他、筋肉を生成したりします。質の悪い睡眠は成長ホルモンの分泌を抑えてしまうので、寝る前のスマートフォンやパソコン等はなるべく避け、質の良い睡眠を取るよう意識しましょう。

遺伝と思われる抜け毛も自力で予防し髪育環境を整えましょう。

前髪の薄毛について詳しく見てきました。原因は様々ですが、遺伝だとしてもあきらめずに抜け毛の予防で育毛剤を使用したり、バランスの良い食事を心がけること、質の良い睡眠をとること等できる事からまずは実践してみましょう。それでも難しいようであれば、発毛剤やAGA治療を行なっているクリニックに相談する等、段階を踏んでいくことがいいでしょう。

-薄毛の対策・予防
-,

Copyright© AGA総回診 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.