薄毛・ハゲ治療の情報サイト

AGA総回診

薄毛の対策・予防

増毛のリスク・欠点・デメリット総まとめ【通院前に必読】

投稿日:

増毛のデメリットを正しく理解する~通院前に必読~

最近薄毛が気になって仕方がない。でも半年以上の時間をかけて育毛に挑戦する勇気がなかなか出ない。こういった方にとって、手軽にでき、効果をすぐに実感できる増毛や植毛というのはとても興味深いものです。

しかし、「増毛って一体どのように毛を増やすんだろう?」というように、増毛に対してまだ馴染みがない方にとって頭の中はクエスチョンマークでいっぱいだと思います。

今回この記事では増毛に焦点を当て、通院前に知っておかなければならないことについてご紹介していきます。通院を視野に入れている方は、是非事前知識として見ていってください。

増毛したいけど、デメリットが気になる

増毛とは、言葉通り「髪の毛の量を増やす」という治療になります。育毛や発毛などと異なり直接髪の毛を増やす治療のため、治療後すぐに髪の毛のボリュームが増えたことを実感できます。あまり薄毛対策に時間をかけたくない人には嬉しいことです。

こう考えると、増毛にはデメリットというのはそれほどないのでは?すぐに髪の毛が増えるのだし、薬の投与などもないのでればなんら問題はないのでは?というようにも考えられます。しかし実際には、いくら手軽にできる増毛と言えどもデメリットというのは多数存在するということを理解しなければ、後の祭りになってしまう可能性があります。

ということで、通院前に知っておくことの中でも「増毛に関するデメリット」というものを詳しく書いていきたいと思います。

そもそも増毛って?

そもそも増毛とはどういった治療法なのでしょうか。増毛とは、自分の今生えている髪の毛に人工的な髪の毛を数本結びつけるというものです。近いイメージとしては、エクステを思い浮かべるとわかりやすいかと思います。他にも、あるシートを頭皮に貼り付けることによって髪の毛のボリュームをアップさせる方法もあります

痛みもなく、頭皮を傷つけることもないので頭皮に関してはダメージを負うリスクはある程度低い治療法であると考えられます。

「増毛」と「かつら」って何が違うの?

増毛とかつらの違いですが、こちらは髪の毛に細工をしてボリュームアップをするか髪型を模したものを着用するかという明確に異なる点があります。増毛の場合、今ある髪の毛の量によってボリュームアップできる幅が制限されてしまいますが、いつでも自然な髪型でいられます。それに対し、カツラは現在の毛量は関係なくさらに今では周囲からは全くわからないようなカツラもあり薄毛という印象を与えることがないメリットがあります。

しかし、カツラは先述した通り着脱式のものであるため親しい人や、カツラを着用してから親しくなった人などに打ち明けるのに勇気がいりますよね。どちらもメリット、デメリットはありますがどちらの方が良いというものでもありませんので、現状に関わらず各々好きな方を選ぶことができます。

増毛の種類は3つあります

増毛の種類①:結毛式

結毛式というのは増毛の中で一番スタンダードな方法であり、いまある自毛に数本の人工的な髪の毛を結びつける方法です。一本の自毛に対し何本の髪の毛を結びつけるかを選ぶことができるので、頭髪の一部だけが極端にボリュームアップすることを防ぎバランスよく増毛をすることができます。まだそれほど薄毛が進行していないが少し気になるという方にお勧めの方法です。

なお、自毛が成長することで増毛した髪の毛が浮かび上がってきてしまうため月に1回程度のメンテナンスが必要となります。

増毛の種類②:編み込み式

自毛全体に専用の糸を編み込み土台を作り、そこへ人工的な髪の毛を編み込んでいく方法が編み込み式と呼ばれるものです。こちらは比較的結毛式の増毛が難しい頭頂部への薄みにうまく対応しています。また、土台はしっかりと固定されているため頭髪がズレていったり頭皮にダメージを与えたりすることはほとんどありません。

この方法も、自毛が成長することで土台が浮き上がってきてしまうため月に1回程度のメンテナンスが必要となります。

増毛の種類③:接着式

接着式という方法は、自毛の数に自信がない方で自毛を使った増毛が困難だろう方にお勧めの方法です。頭皮に特殊なシートのようなものを貼り付け、そこへ人工的な髪の毛を接着していきます。自毛がなくともできる増毛ですが、頭皮にシートを張り付けることで皮脂や汚れが溜まり、頭皮へのダメージが懸念されるデメリットがあります。

こちらも、シートがめくれてしまったり汗や水で痛んでしまい炎症を起こすなどのことを防ぐため月に1回程度のメンテナンスが必要とされます。

増毛のデメリット・リスクで押さえておきたい5つのポイント

増毛のデメリット・リスク①:継続的なメンテナンスが必要

まずデメリットの一つ目ですが、定期的なメンテナンスが必要になってしまうということが挙げられます。本来ある髪に結びつけてボリュームアップをさせる増毛ですが、本来の髪の毛は成長するのでそれに合わせて結んだ人工的な髪の毛が浮いてきてしまうことになります。

メンテナンスには月に一度が平均で、1~2万円ほどの費用と2時間程度の時間を要します。月で見るとそれほどお金がかかるものではありませんが、これからずっと増毛した髪の毛で過ごす場合のことを考えるとかなりの費用となってしまいます。

増毛のデメリット・リスク②:薄毛が目立ってしまうかも

デメリットの二つ目として、薄毛が目立つというものもあります。通常薄さが気になる部位をボリュームアップさせることが増毛の目的ですが、経済的にそれほど多くの増毛ができない場合に逆に薄いところが目立ってしまうことがあります。

薄毛に悩み、増毛に挑戦するのはとてもいいことですが中途半端な増毛はかえって逆効果になってしまうということです。もし増毛をするのであれば、中途半端にではなく確実に髪が増えたと実感する量の増毛が一番効果的かと考えられます。

増毛のデメリット・リスク③:髪の毛の色を変えることが出来ない

髪の毛がせっかく増えたのであれば、オシャレな髪型にもしてみたいというのはごく当たり前の欲求です。カラー剤やヘアマニキュアなどで好きな色に染めたりもしたいですよね。

しかし、増毛によって増える髪の毛が人工的な髪の毛である場合には注意が必要です。カラー剤などの成分が人工的な髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。せっかく増えた髪の毛が自毛とは違う髪質に変化をしてしまうのは大変もったいないことです。

増毛したあとでカラーなどをしたい場合には、担当医の方へ「カラーは可能か」「可能であればどの程度までならいいのか」「気を付ける成分は何か」など詳しく聞いておくことが、そういったトラブルを回避するために必要となります。

増毛のデメリット・リスク④:自毛が少ないと出来ない

増毛は今ある髪の毛に数本人工的な髪の毛を結びつけるというのはもう充分理解していただけたかと思います。素晴らしい治療法ですが、それは裏を返せばそれは「全体的に自毛が少ない場合」「増やしたい部位に髪の毛がほとんどない場合」には増毛が不可能ということになります。

そのため、増毛をしたいと考えている方がいるのであればできるだけ早めに相談をしにいくか、もう地毛の量に自信がない方は早々に別の対策に乗り換えたほうがいいでしょう。

増毛のデメリット・リスク⑤:自毛が抜け始めると人工毛髪も抜ける

こちらもリスク④と同じく自毛に関するデメリットです。いくらボリュームアップをしたところで、人工的な髪の毛が結びついている地毛が抜けてしまっては全く意味が無くなってしまいます

そのため、薄毛に悩み増毛をする方は「抜け毛を抑える対策」も同時に行っていく必要性があります。こうしたことで、髪の毛の維持にかかるお金や対策が増えてしまい、人によっては大変だなと感じる方もいるでしょう。それなら最初から発毛と抜け毛防止でじっくりとやったほうがよかったのか?という考え方が浮かんできて気疲れしてしまうことも考えられます。

このように、増毛にもいくつものデメリットがあります。ただ増毛をすればいいというだけではなく、その後のことについてじっくり考えることがとても重要ですね。

増毛をすると逆に抜け毛が増える?徹底調査!

調査結果①:人工毛が重く毛が抜ける可能性

薄毛に悩む方の、髪の毛が薄い部位というのは比較的弱い髪の毛が集合している部位になります。そのため他の部位の髪の毛よりも強度が劣っているということは紛れもない事実です。

人工的な髪の毛を自毛に結びつけることで、それほどのものではありませんが多少は自毛には負担がかかります。また、弱っている髪の毛で数本の人工的な髪の毛を支えなえればいけないということは、強度が上がらないまま負担だけが大きくなった状態になります。

そのため、ちょっとした刺激や引っ張りなどで容易く抜けてしまうという可能性は否めません。

調査結果②:クシが人工毛に引っかかり自毛が抜ける可能性

こちらも調査結果①と同じく、自毛の強度の問題になります。ボリュームが増えるということはセットする必要性が生まれてきます。薄毛に悩んでいた方からすればそれは大変うれしいことであり、気持ちも高ぶります。

しかし思わぬ落とし穴が、セットの時につかう櫛にあるのです。櫛で髪をとかしたことがある方なら分かると思いますが、髪の毛に引っ掛かることってありますよね?増毛した部位にとって、そのように引っ掛かってしまうということはなるべく避けたいものです。

先ほど説明した通り、増毛したからと言って強度が上がるわけではありませんので、その櫛で髪をとかす際の引っ掛かりで自毛が抜けてしまうという可能性が懸念されます。

髪をセットする場合には、できるだけ丁寧に櫛を扱いましょう。

薄毛対策は自分の症状に合った方法を見つけることが大切

薄毛対策である増毛のデメリットや方法についてご紹介してきましたが、増毛だけが薄毛対策ではありません。この記事を読んで、自分に合うな、と感じる方もいれば自分には合わなそうだなと感じる方もいるはずです。

薄毛対策というのは様々な方法があります。その中で、自分の薄毛の種類や進行具合などに一番効果的な手段は何かとじっくりと考えることが大切です。

自分一人では良く分からないという方は、無料相談などの方法によって専門医から的確なアドバイスをもらうことをお勧めします。何よりも自分が納得できるような対策をするために、薄毛対策についてはしっかりと知識を持ち取り組んでいく必要があります。不安な時もあるかとは思いますが、頼れる人を頼り頑張っていきましょう。

増毛が思い通りいかずトラブルが起きたら…

最後に。増毛によってトラブルが起きた場合どのような対処をすればいいのかというと、

・増毛の際に通っていたサロンやメーカーに問い合わせをする。

専門医がいるクリニックへ相談をしに行く

・増毛個所に違和感があり、痒みなどの症状ができてきた場合にその部位の人工的な髪の毛をできるだけ外しておく

これら3つの対処法があります。なにかトラブルがあった場合には迅速に行動しましょう。

AGAスキンクリニック

■業界最安値の3,400円からのAGA治療
■月1回30分の通院
完全予約制で患者に合わせた治療を提供
■全国に40院以上展開

無料カウンセリング実施中!

まずは無料カウンセリングへ

 

-薄毛の対策・予防
-

Copyright© AGA総回診 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.